お問い合わせ

通夜見舞いを贈るタイミングやおすすめの品物と避けるべき品物

通夜の前に悲しみに暮れている家族を訪ね、弔問品を贈ることを通夜見舞いといいます。

この習慣は一般的でなく、誰もが知っているものではないかもしれませんが、いざという時のために知っておくとよい習慣です。この記事では、遺族に不快感を与えず、丁重な通夜見舞いをするマナーをお伝えします。

通夜見舞いの意味

「通夜見舞い」とは、故人の生前に入院見舞いができなかった場合に、お通夜の前に遺族にお見舞いを贈る日本の風習です。故人の親戚や親しい友人が持参することが一般的です。

お見舞いに持参する品は、現金または品物のどちらかになりますが、相場があるため、極端に少ない金額や逆に高額で困惑させてしまうことがないよう、品を選ぶ際や金銭を包む際は注意が必要です。

通夜見舞いを贈ることで表現したい気持ち

故人の入院中に見舞いに行けなかった場合、訃報が届いた際に後悔することがあります。そのような場合には、通夜見舞いをおこなうことで気持ちを表すことができます。

通夜見舞いとは、お通夜の前に故人の遺族にお見舞いを贈るという風習であり、故人に親しかった親戚や友人が行うことが一般的です。通夜見舞いの際には、ご遺族に対して自身の気持ちとお悔やみの言葉を伝えることが大切です。

通夜見舞いは一部の地域のみの風習

通夜見舞いは、入院している方のお見舞いにいく習慣がある千葉県や茨城県などの関東地方、新潟県、福岡県の一部地域で根付いています。

また、三重県でも似た習慣があり、夜伽見舞いと呼ばれます。夜伽見舞いでは、お金を渡すのではなく、食料品を贈ります。他の地域でも、お供え物を渡す場合があれば、お金を渡す場合があります。

通夜見舞いのマナー

通夜見舞いにおける失礼な行動

表書き

通夜見舞いでお金を包む場合、香典と同じように不祝儀袋を用意しましょう。表書きには、上段に「御通夜見舞」もしくは「通夜見舞」、下段に自分の名前を記入します。筆ペンを用いると見栄えが良いでしょう。

ご遺族が香典と間違えないように、「御霊前」と書くのは避けましょう。宗派による書き方の違いはないため、基本的には「御通夜見舞」「通夜見舞」と記入して問題ありません。中袋の表中央には包まれた金額を記載し、裏右下に住所と名前を書きます。金額の表記については、縦書きでは旧字体の漢数字を、横書きではアラビア数字を使用します。たとえば3,000円を包む場合、縦書きでは「参仟圓」もしくは「参阡圓」と記し、横書きなら「3,000円」と記入します。

のし袋

弔事用の水引は、「双銀」のような金額に見合わない派手なものではなく、黒と白のシンプルな結び切りの水引を選ぶとよいでしょう。サンドイッチやおにぎりなど軽いものは包装紙を使わないのが一般的ですが、箱入りのお菓子は黒水引の結び切りを使って掛紙で包むことができます。

通夜見舞いの際にお金を出す場合は、香典袋に包みましょう。香典袋には様々なデザインがありますが、通夜見舞いのお布施は1,000円から3,000円程度が一般的なので、金額に応じたシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

服装

通夜見舞いの服装は、清潔感のある落ち着いた服装が一般的です。普段着ではなく、喪服に近い服装がベストです。

また、お通夜の際にお手伝いをお願いすることもありますので、黒や白のエプロンを用意しておくと安心です。

渡し方

通夜見舞いには、金銭や品物の2つの渡し方があります。品物を渡す場合は、お供え物と勘違いされないように「通夜見舞い」と伝えましょう。一方、お金を包む場合は、袱紗に入れて渡す前に「通夜見舞い」と記載した不祝儀袋に入れて持参することがマナーです。香典を渡すタイミングで、一緒にお渡しするようにしましょう。

金銭や品物、どちらを渡す場合でも、「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷様でした」という一言を添えることが丁寧です。ただし、意味の分からない言葉や重ね言葉は使用しないように注意しましょう。

通夜見舞いにおすすめの品物と金額相場 

通夜見舞いで渡すのにおすすめの品物

通夜見舞いで渡す品には、軽食やお菓子が最適です。故人に夜通しで付き添う遺族には、気軽に口に入れられるものがふさわしいとされています。

サンドイッチやおにぎりなどの軽食や、和菓子や焼き菓子などのお菓子が良いでしょう。特定の好みがあるわけではないため、食べやすいものを選びましょう。

通夜見舞いで渡す贈り物における金額相場 

通夜見舞いで品物を渡す場合、1,000円から5,000円程度が相場とされています。

遺族をねぎらうための贈り物であるため、高価すぎるものは遠慮し、逆に安すぎると失礼にあたります。したがって、相場に合った品物を選ぶようにしましょう。

通夜見舞いのお金を包むときの金額相場

お金を渡す場合は、1,000円〜5,000円程度を包んで、不祝儀袋に入れて渡します。品物を渡す場合と同じく、相応しい金額を渡すようにしましょう。

通夜見舞いを贈るタイミング

遺族や故人と近しい人に対しては、通夜に出席することが前提になるため、通夜見舞いの品物は、通夜の前に取り急ぎ遺族のもとへ持参するのが適切です。品物を渡す際は、お供え物と誤解されないように「通夜見舞いであることを伝える」ことが重要です。

また、通夜には参列しないけれども、何かを贈りたいという場合には、会葬のみの参列予定であれば、特に渡さなくても問題ありません。もし何か渡したい場合は、遺族に了承を得た上で、会葬の際にお供え物を渡すと良いでしょう。

通夜見舞いを受け取る側の心構え

通夜見舞いにお返しはいらない

通夜見舞いを持参する場合、遺族を励ますためのものであり、通常はそのお返しは必要ありません。

ただし、通夜見舞いを持参する方は、通夜や葬式、または告別式に参加することが多く、結果的に香典もいただくことになります。この場合は、「香典返し」という形でお返しする必要があります。

通夜見舞いに対するお礼の言葉のマナー

通夜にお越しいただいてお気持ちをいただいた場合、お礼状を出す必要はありませんが、頂いた方に会った際には、お礼の言葉を述べるようにしましょう。

通夜見舞いについてよくある質問

通夜見舞いで渡すお金を包むときの金額相場を教えてください

特に決まっているわけではありませんが、1,000円~5,000円程度が一般的だとされています。

通夜見舞いで避けるべき品物は何ですか

特に決まっているわけではありませんが、騒がしい音がするものや、香りの強いもの、特別な意味のあるものなどは避けた方が良いとされています。

通夜見舞いに対するお返しは必要でしょうか

必要ありません。しかし、お礼の言葉を伝えることはマナーとして大切です。また、お返しをする場合は、相手の立場に合わせた配慮をすることが大切です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい