お問い合わせ

千葉県の永代供養・永代供養墓、葬儀費用の平均や風習

千葉県は首都圏の一角を成しながら、周囲を海と山に囲まれた自然豊かな地域でもあります。幕張メッセや海ほたる、成田国際空港などの全国的に有名な施設にくわえ、ディズニーリゾートや東京ドイツ村、南房総国定公園などの観光名所も多く、地域資源に恵まれているのが特徴です。

そんな千葉県の葬儀では「長寿銭」や「夜伽」など、昔ながらの風習がみられる地域があります。ここでは、そうした千葉県の葬儀における独特の風習・しきたりのほかに、葬儀1件あたりの費用や寺院数についても解説します。

さらに、最近千葉県でも広がりをみせつつある永代供養について見ていくので、これからお墓を建てようとしている人や、今後のお墓の管理で悩んでいる人はぜひご参考ください。

この記事でわかること
  • 千葉県の昔から続く葬儀の風習、しきたり
  • 千葉県の寺院数や葬儀1件あたりの費用
  • 永代供養・永代供養墓の基本情報と、千葉県で運営している代表的な施設

千葉県のお墓・葬儀事情

千葉県には、成田山新勝寺や本土寺、法華教寺など、有名な寺院が数多くあります。とくに成田山新勝寺は歴史も古く、初代市川團十郎が帰依したことをきっかけに庶民の信仰を深め、今では毎年1,000万人を超える参拝者がいるほど。

そうした信仰深い寺院がある千葉は、そもそも寺院数も多いのか。まずは千葉県内の寺院数や葬儀1件あたりの費用を、そのほかの地域と比較しながら見てみます。その後で、千葉県内の葬儀事情や風習・しきたりについて確認していきますよ。

千葉県の寺院数

文化庁の「宗教年鑑 令和元年版」によると、千葉県の寺院数は3,002カ所で、これは全国6位の数字です。全国の寺院数は76,930カ所、寺院の全国平均は1,637カ所なので、千葉県は平均よりも寺院数が多い地域ということになります。

ちなみに、東京都の寺院数は2,874カ所、埼玉県は2,263カ所、神奈川県は1,893カ所と、近隣の都道府県と比べても千葉県の寺院数は多めです。

千葉県の葬儀1件あたりの費用

経済産業省の「特定サービス産業実態調査」によれば、千葉県の葬儀1件あたりの費用は約118万円で、これは全国20位の数字になります。
※「葬儀一式請負の年間売上高(百万円)/年間葬儀取扱件数(件)」で算出

近隣都道府県の数字を見てみると、

東京都…約104万円
神奈川県…約121万円
埼玉県…約119万円
栃木県…約164万円
茨城県…131万円
群馬県…約131万円

とくに栃木県、茨城県は全国的に見ても葬儀1件あたりの費用が高い地域で、それらに比べると千葉県の葬儀費用はそれほど高くないことがわかります。全国平均は約110万円なので、平均並ともいえます。

千葉県の葬儀事情・しきたりの傾向

火葬のタイミングが地域によって違う

千葉県には葬儀の前に火葬をすませる「前火葬」の地域と、葬儀の後に火葬をおこなう「後火葬」の地域が混在しています。

「前火葬」をおこなう地域の中にも、銚子市のように通夜の前に火葬をおこなうところと、館山市のように葬儀当日の朝に火葬をおこなうところがあります。このように、千葉県の葬儀では地域によって火葬のタイミングが異なるので、葬儀に参列する際は注意しなければなりません。

とくに、故人の顔を見てお別れをしたい場合は、「弔問した時には、すでに火葬がすんだ後だった」ということにならないよう、「いつ火葬がおこなわれるのか」を事前に確認しておく必要があります。

「葬式組」「班」という組織が葬儀を手伝う

千葉県内には近隣の人びとが集まって作られる「葬式組」、あるいは「班」と呼ばれる組織が残っている地域もあります。

「葬式班」は葬儀の準備や寺院との連絡を担当し、通夜では「念仏講」をおこなうことも。また、納骨の際、4本の竹に五色の紙を飾る「四本旗」という埋葬品を用意することがあるのですが、その準備を葬式班がおこなうこともあります。

「長寿銭」や「夜伽」など昔ながらの風習が残る地域も

「長寿銭」とは故人が長寿であった際に、紅白の紐を通した五円玉をポチ袋に入れ、それを会葬礼状とともに配る風習です。こういった風習はほかの地域でもみられ、たとえば茨城県や群馬県では「撒銭」という習わしが残っている地域があります。

地域によっては「夜伽(よとぎ)」と呼ばれる風習が残っている場合も。通常、通夜は2~3時間で終わることが多いですが、夜伽では一晩中起きて寝ずの番をします。夜伽では飲食を伴うことが多いため、周辺住民や参列者が食べ物・飲み物を差し入れることもあるそうです。

千葉県でも広がりをみせる永代供養・永代供養墓

首都圏の一角を成しながら、地域によっては独特の風習・しきたりが残っている千葉県。そんな千葉県でも、永代供養と呼ばれる考え方が広がりみせています。

どのような特徴があるのか、永代供養の概要と共にメリット・デメリットについて紹介します。

永代供養・永代供養墓の概要

現在の日本では、少子高齢化や人口の流動化などによって、「お墓の後継ぎがいない」「お墓の管理が大変」という問題が浮上しやすくなっています。そこで最近注目を集めているのが、「永代供養」です。

永代供養とは、ご遺骨を納骨した後の管理・供養の一切を寺院や霊園といった施設に任せられる供養方法のこと。納骨後の法要はもちろん、お墓周りの掃除、修繕などは施設側が責任を持っておこなってくれます。そのため、従来のお墓制度に比べて、ご遺族側の負担をぐっと減らすことが可能です。

なお、永代供養をおこなうお墓のことを永代供養墓(えいたいくようぼ・えいだいくようばか)と呼び、一般的な永代供養墓のほかに、樹木葬や納骨堂といった種類があります(この3種類については、後ほど解説します)。

永代供養のメリット・デメリットとは?

永代供養には上記で紹介した特徴以外にも、さまざまなメリットがあります。しかし、その一方で無視できないデメリットも。

ここでは、永代供養のメリットとデメリットを簡単にチェックしてみます。

永代供養のメリット

永代供養のおもなメリットは以下のとおりです。

永代供養はお墓の承継者がいなくても利用でき、一般のお墓に比べて費用が安いので、「お墓の後継ぎがいない」「葬儀に関する経済的な負担を軽くしたい」という方に向いています。

また、生前契約が可能なため、利用者が好みの施設を選び、納得した上で契約を結べるのも大きなメリット。宗教・宗派や、「檀家であるかどうか」も問われないことが多いので、利用のハードルも低いのが特徴です。

このように永代供養には数多くのメリットがあるため、「お墓の悩み」を抱えている人にとっては現実的な選択肢のひとつとなり得ます。

永代供養のデメリット

一方、永代供養には以下のようなデメリットがあります。

とくに注意しなければならないのが一番目のポイントです。
永代供養には、「ご遺骨を最初から合祀する場合」と「ご遺骨を一定期間骨壺で安置する場合」の2通りがあります。ちなみに合祀とは、ご遺骨を骨壺から取り出し、ほかのご遺骨と一緒に埋葬すること。

「最初から合祀するタイプ」は、費用が割安な分、合祀後に分骨や改葬に対応できなくなるのがデメリットです。また、「一定期間骨壺で個別に安置するタイプ」であっても、最終的にご遺骨は合祀されることが多いので注意する必要があります。

このほか、従来のお墓と形式が異なるため、周囲の理解を得にくく、お墓参りの際に違和感を抱きやすい…というデメリットも。こういったデメリットがあることも頭に入れ、じっくりと検討してから永代供養にすることを決めてください。

永代供養の種類と千葉県で運営している施設

前述しましたが、永代供養には基本的な形態である永代供養墓にくわえて、納骨堂、樹木葬という種類があります。

それぞれの特徴とあわせて、千葉県でそれらを運営する施設を紹介します。

永代供養墓

一般的な永代供養墓は、ご遺骨の安置スペースと参拝のスペースが屋外にあるため、お参りの際は天候に注意する必要があります。

ご遺骨の安置方法や外観にはさまざまなタイプがあって、石材でできた大きな棚にご遺骨を納骨するものや、大きなモニュメントの下にご遺骨を納めるものなどあります。なかには、従来のお墓と同じように個別に墓石を建てて、そこにご遺骨を納め供養するタイプも。

施設によって納骨スペースや、モニュメント・墓石の大きさはさまざまなので、気になる場合は資料だけでなく現地で確認してみてください。

千葉県で永代供養墓を運営する施設

船橋市の「船橋昭和浄苑」には、「浄縁墓」という永代供養墓があります。こちらの永代供養墓は年間管理費が不要で、ご遺骨は個別に埋葬され、供養も本堂で個別におこなうスタイル。「毎日法要」「毎月法要」にくわえ、年に一度合同供養がおこなわれるので、丁寧な供養を望まれる方におすすめです。

松戸市にある「サニープレイス松戸」は、豊かな緑に囲まれたどこかほっとする雰囲気の公園墓地です。こちらの施設では樹木葬のほかに「連棟式永代供養墓」と「納骨式永代供養墓」を運営中。「連棟式永代供養墓」には御影石で作られた個別の納骨スペースが並んでいて、花や線香を個別にお供えできます。「納骨式永代供養墓」は建物内に納骨壇が設置されていて、どちらかというと納骨堂に近い施設。いずれもペットと一緒に納骨可能です。

千葉市にある「みつわ台霊園 殿台の杜」は、JR千葉駅からバスで約10分の場所に位置する好立地の霊園です。こちらでは個別型の永代供養墓と集合型の永代供養墓「報恩廟」を運営中。いずれも年間管理費不要で、「報恩廟」は個別安置期間が30年と50年から選べます。個別型の永代供養墓の個別安置期間は33年間となっています。

納骨堂

納骨堂とは、建物内にご遺骨を安置するスペースを設けられている施設のこと。「永代供養」のプラン付きの納骨堂であれば、そこで管理と供養もおこなってくれます。

納骨堂もさまざまなタイプがあって、たとえばロッカー式の棚にご遺骨を収めるタイプや、仏壇型の棚にご遺骨を収めるタイプなど。なかには、機械で運ばれてきたご遺骨と専用の空間で対面できる「機械式納骨堂」と呼ばれるタイプもあります。

納骨堂は管理・参拝スペースがともに屋内にあることが多いので、天候に左右されずにお参りできるのが利点です。ただし、やはり従来のお墓とは雰囲気が異なるため、人によっては強い違和感を抱く可能性もあります。

千葉県で納骨堂を運営する施設

浦安市にある「月輪山千光寺 月の廟庭」は、東京メトロ東西線・浦安駅から徒歩2分の場所にある納骨堂です。5階建ての建物内には、本堂や法要室、参拝ブース、客殿などが設置されていて、ゆっくりとくつろぎながらお参りできます。施設内には月と太陽のアートが並んでいて、静かで心癒される空間が広がっていますよ。

千葉市の「釈迦寺大納骨堂」は、JR稲毛駅から歩いてすぐの場所にある納骨堂。施設内にはさまざまなタイプの納骨壇が並んでいて、本堂にはステンドグラスが設えられています。複数の個別安置プランにくわえ、合祀型の永代供養墓も用意。読経供養が毎日おこなわれるので、丁寧な供養を受けたい方におすすめの施設です。

市川市にある「クリプタ行徳セントソフィア」は、広大な公園に隣接した室内霊園です。施設内には花壇やガラス張りのホールがあって、まるでゲストハウスのような雰囲気。地下ホールには天上から光が降り注ぎ、明るく荘厳な空間が広がっています。大人数対応型の法要所や車椅子も用意されていて、サービスも充実。大型無料駐車場も完備されていて、都内からのアクセスも良好です。

樹木葬

樹木葬とは、樹木や草花を墓標にして、その周りにご遺骨を埋葬するお墓のことです。墓標として植える樹木のことをシンボルツリーと呼び、お参りの際はそちらへ向かって手を合わせます。

樹木葬はほとんどの場合「永代供養付き」となっているので、永代供養墓の一種に数えられます。

樹木葬は自然の山林をまるごと樹木葬として活用する施設や、色とりどりの花が楽しめるガーデニング風の施設などあるため、参拝者も心が安らぐ・癒やされるといったメリットもあります。また、ペットと一緒に入れる区画が用意されている施設も多いのも特徴のひとつとして挙げられます。

千葉県で樹木葬を運営する施設

袖ケ浦市の「袖ケ浦霊園」は、緑に囲まれた心安まる霊園です。この霊園では、一般墓のほかに、永代供養墓や樹木葬を運営中。また、樹木葬と石のお墓のいいとこ取りをした「サークル墓」や、ほかと独立したスペースにご遺骨を納められる「プレート墓地」もあります。園内は雨の日でも歩きやすい特別な舗装がされていて、バリアフリー設計となっています。交通アクセスにも優れているので、非常に利用しやすい霊園です。

鎌ヶ谷市の「森のお墓 弥生の里・自然聖園」は、鎌ケ谷駅から送迎バスで5分の場所にあるガーデニング霊園。一般墓所のほか、2016年から樹木葬の区画を運営中です。樹木葬は年間管理費不要で、毎月一回合同供養がおこなわれます。園内には法要施設、休憩施設が充実していて、ドッグランもあるので、開放的な気分でお参りができます。

八千代市にある「杜の郷霊園」は、総区画数3,510区画をほこる大規模霊園です。こちらの霊園では、永代供養墓と国内最大規模の庭園樹木葬を運営中。樹木葬はしだれ梅が切り立つ枯山水の伝統的な庭園となっていて、静寂が漂っています。埋葬方法は2霊までの個別式で、年間管理費は不要。広く、見晴らしのいい土地で眠りにつきたい方におすすめです。

千葉県の公営墓地の紹介

墓地には民営墓地や寺院墓地のほかに、行政が運営する公営墓地という種類があります。

公営墓地は競争倍率が高く、申込みに条件があるため、利用のハードルが高くなりがち。しかし、行政が運営しているという安心感があって、民間の墓地よりも費用を抑えやすいなど、メリットも多くあります。

また、公営墓地の中には、合葬式墓地や樹木墓地など、永代供養によく似たお墓を運営しているところもあります。ただし、公営墓地でおこなわれるのはご遺骨の管理のみで、永代供養は原則的におこなわれない点には注意が必要です。

ここでは永代供養に代わる選択肢として、千葉県で合葬式墓地を運営する公営墓地をいくつか紹介します。

千葉県の代表的な公営墓地

千葉市の「桜木霊園」では、一般墓所のほかに「合葬墓」を運営中です。ご遺骨は建物内に設置された納骨棚に30年間骨壺のままで安置。その後、ほかのご遺骨と一緒に合祀されます。使用料は1霊あたり7万円で、この中には施設の維持管理費も含まれています。合葬墓には参拝スペースがあるので、故人に手を合わせることも可能です。

市川市の「市川市霊園」は、松や桜、ツツジなど数々の花々に囲まれた緑豊かな公園墓地。こちらでは一般墓地のほかに、合葬式墓地とご遺骨の一時安置施設である霊堂を運営中です。ご遺骨は20年間骨壺のまま納骨壇に埋蔵し、その後1体ずつ納骨袋に移し換えされて合祀されます。使用料は1体あたり7万1千円となっています。

このほか、木更津市、八千代市、四街道市の市営霊園でも合葬式墓地を運営中です。料金や骨壺による個別安置期間は施設によって異なるので、注意してください。

まとめ

首都圏の一角を成し、ベッドタウンのイメージも強い千葉県ですが、昔ながらの風習やしきたりが残っている地域もあります。また、地域によって火葬をおこなうタイミングが異なるので、葬儀に参列する際は注意するようにしてください。

最近注目を集めている永代供養ですが、千葉県内でも広がりをみせています。永代供養墓のほかにも、納骨堂や樹木葬と呼ばれる施設の数も多く、選択肢が豊富なのがうれしいところ。都心からもアクセスしやすく、サービスが充実している施設が多い印象です。

千葉県内の永代供養を探している方は、この記事を参考にして自分に合った施設も探してみてください。