お問い合わせ

新潟県の永代供養・永代供養墓、葬儀事情を解説

新潟県といえば、日本の「米どころ」として有名な地域。南北に細く伸びた形をしていて、米や酒、鮭などさまざまな特産品があります。とくに魚沼産コシヒカリは日本米のトップブランドとして名を馳せていますね。また、最近では工業製品にも注目が集まっていて、燕・三条で生み出される包丁やキッチン雑貨は世界からも高い評価を受けています。

そんな新潟県の葬儀では、昔ながらの風習・しきたりが多くみられます。たとえば、「出棺時に生き物を放つ」「法要で赤いろうそくを使う」など、葬儀ではユニークな光景が見られることも。

今回、そうした新潟県の葬儀における独特な風習に加え、最近注目を集めている「永代供養・永代供養墓」の概要を紹介します。

この記事でわかること
  • 新潟県の葬儀・お墓事情と葬儀における風習・しきたり
  • 新潟県の寺院数や葬儀1件あたりの費用
  • 永代供養・永代供養墓の基礎知識と、新潟県で永代供養をおこなっている施設

新潟県にある寺院の数。葬儀のしきたり

新潟県の葬儀における独特の風習・しきたりについてみる前に、まずは県内の寺院数や葬儀1件あたりの費用についてお伝えします。新潟県ならではのユニークな風習にも触れていくので、興味がある方はご一読ください。

新潟県の寺院数

文化庁の「宗教年鑑 令和元年版」を参照してみると、新潟県の寺院数は2,779カ所。これは全国8位の数字にあたります。寺院数の全国平均が1,637カ所なので、新潟県の寺院数はそちらを大きく上回っていますね。

近隣都道府県の寺院数は、以下のとおりです。

以上のことから、新潟県の寺院数は近隣都道府県と比べても多いことがわかります。

新潟県の葬儀1件あたりの費用

経済産業省「平成30年 特定サービス産業実態調査」によると、新潟県の葬儀1件あたりの費用は約125万円。全国15位の数字にあたります。ちなみに、葬儀費用の全国平均は約110万円です。

近隣都道府県の数字は

これらの地域と比べると、新潟県の葬儀費用は割安なようですね。

新潟県の葬儀。しきたりや風習

出棺時に生き物を放つ「放生」

新潟県の農村地域では、出棺時に「放生(ほうじょう)」という儀式がおこなわれることがあります。「放生」とは文字どおり「生き物を放つこと」で、仏教における善行のひとつです。

儀式では籠の中の鳥を空に放つほか、魚を川や池に逃がしてあげます。こうした善行をおこなうことで、故人に徳を積んでもらうのです。この儀式には、「あの世で故人が厚遇を受けられるように」という願いが込められているそうです。

法要で「赤いろうそく」を使う地域

新潟県の一部地域には、火葬が終わるまでは白いろうそくを、火葬が終わった後の法要では赤いろうそくを使用する…というしきたりが残っています。

一般的に弔事では白、あるいは黒のろうそくを使用することが多く、赤いろうそくは慶事で使用されることが多いもの。なぜ、赤いろうそくを使うのか…これには諸説ありますが、「故人が世俗を離れ仏様になったことをお祝いする」「葬儀が無事に終わり日常に帰る」という意味があるようです。

米どころならではの風習が残る地域も

新潟県の各地域では、米どころらしい風習が見られることもあります。たとえば、佐渡島で有名な佐渡市には、葬儀の際におにぎりを食べるという習わしが残っています。

そのほか「赤飯で作ったおにぎりを1本の箸で食べる」という風習が残っている地域も。この風習には、あの世へ旅立つ人にも、これからも人生を送り続ける人にも、お米を食べて精をつけてほしい…という願いが込められているそうです。

新潟県でも広がる「永代供養・永代供養墓」とは

地域によっては昔ながらの風習・文化が色濃く残っている新潟県。そんな新潟県でも、最近注目を集めている「永代供養」という考え方が広がりつつあります。

「永代供養」とはどんなものなのか。概要やその歴史、最近になって人びとの関心を集めるようになった理由について解説します。

永代供養・永代供養墓の概要

「永代供養」とは、本来ご家族や身内の方がおこなうべき納骨後のご遺骨の管理・供養のほとんどを、施設側に任せることができる供養方法のこと。
そして「永代供養墓(えいだいくようぼ・えいたいくようばか)」は、永代供養をおこなうお墓のことを指します。

従来のお墓制度では利用者が実際に施設に足を運び、なにかをしなければならないことも多かったのですが、永代供養の場合は節目ごとの法要・供養にくわえて、お墓周りの掃除や修繕などお墓に関することは基本的に施設に全面的にお任せして大丈夫です。

また、永代供養はお墓の後継ぎがいなくても契約を結べるので、「自分一人だけのお墓が欲しい」「子や孫など、お墓を継いでくれる人がいない」といった場合でも安心して利用できます。

永代供養墓の歴史

現在に通じる「永代供養墓」の歴史は1985年、比叡山延暦寺の「久遠墓」からスタートしました。「久遠墓」には一代限りの個人墓や夫婦墓が多く建てられ、その利用システムは現在でも十分に通じるほどしっかりとしていました。

当時は少子化が進み、お墓の継承問題が浮上しやすくなっていた時代です。そんな背景があったことから、「久遠墓」は複数のメディアで取り上げられ、人びとの注目を集めるようになりました。

その後、1999年の「墓地、埋葬等に関する法律」の部分改正や、その頃普及し始めていたインターネットの存在が後押しとなって、永代供養は2000年頃から本格的に世の中へ広まっていきました。

永代供養墓が注目される理由

永代供養には上記で紹介した特徴以外にも、さまざまなメリットがあります。

現代の日本は「少子高齢化」や「地域の過疎化」など、さまざまな問題を抱えています。また、人びとのライフスタイルにも変化がみられ、「おひとり様」や母子家庭・父子家庭も増えてきました。多様な生き方・価値観が認められるようになってきた一方で、「お墓の継承問題」はますます浮上しやすくなっています。

そんな中で、上記のようなメリットを持った永代供養に関心が高まるのは、ある意味では非常に自然なことなのかもしれません。永代供養はさまざまなニーズに応えうる選択肢として、今後ますます人びとの注目を集めるようになっていくでしょう。

永代供養の種類と新潟県の施設

永代供養には基本となる「永代供養墓」のほかに、「納骨堂」や「樹木葬」と呼ばれる種類もあります。種類によってご遺骨の管理方法やお墓の雰囲気、メリットは異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ここでは、永代供養の種類と特徴を解説しつつ、新潟県でそれらを運営する施設を紹介します。

永代供養墓

一般的な「永代供養墓」と呼ばれる施設の多くは、ご遺骨の安置・管理スペースや参拝所が屋外にある点が共通していますが、ご遺骨の安置方法や外観にはさまざまなタイプがあります。たとえば石材でできた大型の棚にご遺骨を収めるタイプ、仏像を模したモニュメントの下に納骨スペースが設けられているタイプ…などなど。施設によってどのような形の永代供養墓を設置しているかは異なります。

なかには一般のお墓のように墓石を建てるタイプもあって、このタイプは従来の同じような感覚でお参りできるのがメリットです。ただ、ほかのタイプに比べて費用が割高になる点には注意が必要となります。

新潟県で永代供養墓を運営する施設

新潟市・西蒲区にある「蓮照寺」は、静けさと穏やかな雰囲気が漂う寺院です。こちらの寺院では、個別型永代供養墓「安心廟」を運営中。ご遺骨は個別の区画に仕切られた石室で33年間安置されます。石室は1人用・2人用・3人用が用意されていて、石室の前面には刻銘も可能。永代供養墓の周りには芝生が敷かれ、日当たりも良好。田園風景に囲まれた環境で、安らかに眠ることができます。

村上市・大場沢にある「大葉山 普済寺」は曹洞宗の寺院。春と秋には回遊式庭園が公開され、季節の移ろいを楽しむことができます。ここには合葬式の永代供養墓「寂静」があって、納骨後は毎朝の読経にくわえ、お彼岸・お盆も供養がおこなわれます。また、新しく個別型の永代供養墓も建立中(2020年8月現在)で、そちらではご遺骨を個別に33回忌まで安置可能です。

燕市・国上にある「国上寺」は、越後最古の古刹といわれる由緒正しい寺院。こちらの寺院では「永代・永久供養墓」や「夫婦一代 永久供養墓」、樹木葬を運営中です。「永代・永久供養墓」では、毎年8月の合同供養会のほか、毎月1日にも供養がおこなわれます。「夫婦一代 永久供養墓」にはペットも入ることができます。

納骨堂

納骨堂とは建物内にご遺骨を安置するスペースや参拝スペースを設け、そこでご遺骨の管理・永代供養をおこなう施設のこと。ご遺骨の納骨方法もさまざまで、ロッカー式の棚にご遺骨を収めるタイプや、仏壇型の棚にご遺骨を収めるタイプ、なかには機械で運ばれてきたご遺骨と対面できるタイプもあります。

建物の規模は施設によってさまざまで、霊園の一区画に比較的コンパクトな納骨堂が立っているケースもあれば、3階建て以上のビルをまるごと納骨堂施設として利用するケースもあります。後者の場合はご遺骨の安置スペースのほかに、法要室や休憩室などが設けられていることが多く、非常に利用しやすいのがメリットです。

新潟県で納骨堂を運営する施設

上記で紹介したような規模が大きい納骨堂施設は、まだまだ新潟県内には少ないようです。ただし、県内に納骨堂が全くない…というわけではありません。

たとえば見附市にある「小栗山 不動院」では、永代供養墓や樹木葬のほかに、永代供養納骨堂があります。こちらは合葬タイプの屋内納骨堂となっていて、オプションでご遺骨を納骨棚に7年間個別安置可能です。

そのほか、上記で紹介した「国上寺」には「一時的なご遺骨の預かり場所」である預骨堂があります。こちらは永代供養付きの納骨堂ではありませんが、「ご遺骨の埋葬場所が決まっていない」「埋葬まで時間が空いてしまった」という場合に利用することが可能です。

樹木葬

樹木葬とは墓石の代わりに樹木や草花を墓標として植え、そこでご遺骨を祀るお墓のことです。ご遺骨は土に還る形で埋葬する方法のほか、骨壺や専用の筒に入れて納骨する方法もあって、どの納骨方法を採用しているかは施設によって異なります。

永代供養墓や納骨堂と同じく、樹木葬にも実にさまざまなタイプがあります。たとえば色とりどりの花を植えたガーデニング風の施設や、納骨堂と樹木葬を一体型で運営している施設、雰囲気が異なる区画を複数用意している施設などなど。そのほか、地方には山林をまるごと樹木葬として運営している、大規模な樹木葬施設もあります。

樹木葬は豊かな自然の下で眠れるのが魅力です。一方で、施設によってはお供え物について細かな規則が設けられていることもあります。安全性の観点から、ロウソクやお線香に火を点けられないケースもあるので、気をつけてください。

新潟県で樹木葬を運営する施設

加茂市にある「宝興寺」は、四季折々で美しい風景を楽しめる寺院。永代供養墓のほかに樹木葬があって、樹木葬は「完全個別タイプ」です。「複数柱納骨プラン」「おひとり様プラン」「ペットと一緒プラン」など、プランもさまざま。お盆・お彼岸の供養にくわえて毎月1日・15日にも供養祭がおこなわれるので、「丁寧な供養をしてほしい」という方に向いている施設です。

上越市にある「樹木葬墓苑 はなみずき」は、えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン・南高田駅から徒歩6分。上越市の明厳寺が管理する樹木葬で、1人用・2人用の個別区画と合葬プランがあります。個別区画では最後の納骨から13年間個別安置可能。区画に設置するプレートには好きな言葉・絵・文字などを刻印できるので、オリジナリティーを出すことができます。

新潟市・江南区にある「フジパーク霊園 新潟中央」は、新潟駅から車で10分と好立地の霊園です。こちらでは合葬墓や個別納骨墓、樹木葬を運営中。樹木葬は年間管理費なしで利用でき、ご遺骨は個別に埋葬されます。また、霊園から離れた土地に暮らしている方は、専用の梱包キットでご遺骨を郵送することも可能です。来園せずに契約・納骨ができるので、足腰が不自由な方でも安心して利用できますね。

公営墓地も候補として検討

お墓探しをするなら、行政が運営する「公営墓地」もチェックすべきです。公営墓地は民営墓地や寺院墓地に比べて費用が抑えやすく、行政が管理・運営しているので安心感があります。また、近年「合葬墓」と呼ばれる永代供養の「合祀墓」と似た形状のお墓を提供する自治体も増えてきました。

「合葬墓」は永代供養とは異なり、供養はされません。しかし、行政によって永代管理はされるため、公営墓地で合葬墓の利用者募集をかけると、競争倍率が高くなる傾向にあります。新潟県ではまだ合葬墓を提供している自治体がありませんが、ほかの自治体の動きや地域住民の要望を受けて設立される可能性はあります。

興味がある場合は、一度ご自身のお住まいの地域にある公営墓地を確認してみることをおすすめします。

まとめ

今回、新潟県の一部地域では、葬儀におけるユニークな風習が残っていることがわかりました。なかには、米どころらしい習わしがある地域もあって、地域で暮らす人びとが昔からお米を大事にしてきたことがうかがえます。

また、新潟県でも徐々に永代供養をおこなう施設が増えてきているようです。納骨堂を運営する施設はまだまだ少ないですが、永代供養墓や樹木葬はこれからも数を増やしていくかもしれません。

永代供養の種類や施設によって、特徴やメリットは異なります。永代供養に興味がある方は、この記事で紹介した情報を参考にして、自分に合った施設を探してみてください。