お問い合わせ

大分県の永代供養・永代供養墓、葬儀費用などを確認

九州地方に位置する大分県は、別府温泉や湯布院温泉、長湯温泉など有名な温泉地が多い地域です。それもそのはずで、大分県の源泉数・湧出量はともに日本一。各地には良質な湯が湧き出ていて、人だけでなくサルも身体を癒されにやってくるほどです。

また、温泉だけでなく、椎茸やかぼす、関あじ・関さばや城下かれいなどの特産品も豊富。そのほか、「とり天」や「日田やきそば」などのご当地グルメも魅力的で、毎年多くの観光客が訪れる地域です。

そんな大分県の葬儀では、「別れの膳」や「仮門」などの風習が残っています。今回はそれがどのようなものなのかをお伝えするとともに、近年広がりつつある「永代供養」の概念・歴史についてもあわせて紹介します。

永代供養については、大分県内の永代供養施設もいくつか紹介するので、永代供養に関心がある方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 大分県の葬儀の様子。風習やしきたり
  • 大分県の寺院数や葬儀1件あたりの費用
  • 永代供養・永代供養墓の概要や歴史。大分県にある運用施設

大分県の葬儀事情。葬儀費用や風習・しきたり

大分県特有の葬儀風習について見る前に、まずは大分県にどのくらい寺院があるのか、葬儀1件あたりの費用はどのくらいかを政府の公式データを元にお伝えします。

大分県の寺院数

文化庁が毎年発表する「宗教年鑑」。この令和元年版によると、大分県内の寺院数は1,238カ所であることがわかります。これは全国30位の数字です。ちなみに寺院数の全国平均は1,637カ所なので、大分県の寺院数は平均より少ないことがわかります。

ちなみに大分県には本堂が国の重要文化財に指定されている「善光寺」や、九州最古の木造建造物・阿弥陀堂がある「富貴寺」、岩壁に埋め込むように建てられた「羅漢寺」など、多くの歴史的な寺院が存在しています。いずれも歴史情緒や神秘的な雰囲気がたっぷりと楽しめる寺院なので、観光の際にはぜひ立ち寄りたいですね。

大分県の葬儀1件あたりの費用

経済産業省による「特定サービス産業実態調査」の平成30年度版によると、大分県の葬儀1件あたりの費用は約88万円で、これは全国37位の数字にあたります。
※葬儀1兼あたりの費用は、「葬儀一式請負の年間売上高(百万円)/年間葬儀取り扱い件数(件)」で算出

近隣県の数字をいくつか見てみると、福岡県が約86万円(全国42位)、熊本県が約90万円(全国35位)、宮崎県が約104万円(全国23位)、佐賀県が120万円(全国18位)となっています。ちなみに、九州地方で一番葬儀1件あたりの費用が高いのは長崎県で約128万円(全国12位)。

これらの数字を見てみると、大分県は九州地方の中でもそれほど葬儀費用が高くない地域だといえそうです。

大分県の葬儀。風習やしきたりの傾向

大分県の葬儀では地域によって火葬のタイミングに違いが見られ、香典を渡すタイミングにも気を配る必要があります。また、「別れの膳」など独特の儀風習が見られることも。

どのようなものか、順に解説します。

「前火葬」「後火葬」が混在している

大分県内では、火葬をおこなってから葬儀をする「前火葬」の地域と、葬儀の後に火葬をおこなう「後火葬」の地域が混在しています。

「前火葬」の地域では、参列した時にはすでに故人がご遺骨となっていた…という場合もあります。故人の顔を見てからお別れをしたい方は、事前に“どの時点で火葬がおこなわれるか”についてよく確認しておくことをおすすめします。

通夜における「別れの膳」

通夜の後に設けられる食事の席のことを「通夜振る舞い」と呼びますが、西日本の地域ではそれを近親者のみで質素におこなうのが一般的。また、九州地方では通夜振る舞い自体をおこなわない地域もあります。

しかし、大分県には「別れの膳」という、通夜振る舞いに似た風習があります。これは故人と最後の夜を過ごすため、ご遺族や近親者のみが参加しておこなわれる会食のこと。そのため、一般の参列者は参加しないのが一般的です。

また、大分市では通夜に香典を持参すると「葬儀には参列できない」と判断されてしまいます。そのため、通夜と葬儀の両方に参列する場合、通夜の席では香典を渡さずに供養品だけを受け取って帰るのが通例です。その場合、香典は葬儀の際に渡す形になるので、注意してください。

「棺を回す」「仮門を作る」など出棺の風習

大分県の葬儀では、出棺時に独特の風習がいくつか見られます。

「棺回し」と呼ばれる風習はそのひとつです。これは西日本の各地で見られるならわしで、出棺の際に棺をぐるぐると回すというもの。このならわしには、故人が迷わず冥土へ旅立てるよう、棺を回すことで方向感覚をなくさせ、家に戻ってこられなくする…という意味合いがあるようです。

また、地域によっては出棺の際、普段使っている玄関とは別に「仮門」を作って、そこから棺を出すことがあります。そして、「仮門」は出棺がすむと壊してしまうのが通例です。これには「棺回し」と同じく、故人が家に帰ってくることなく、迷わずあの世へ行けるように…という願いが込められているようです。

全国に広がってきている永代供養・永代供養墓

最近、テレビや電車内の広告で、「永代供養」という言葉を見かける機会が増えていませんか?

一体どのようなものなのか。永代供養(永代供養墓)の概要や、どういった経緯で広がってきたかをお伝えします。

永代供養・永代供養墓の概要

永代供養とは、ご遺骨を納骨した後の管理・供養のほとんどを、寺院墓地や霊園墓地を管理する施設側に任せられるという供養方法です。そして、永代供養をおこなうお墓のことを、一般のお墓と分けて「永代供養墓」と呼びます。

一般的に寺院墓地の場合、通常のお墓を利用する場合は檀家になることが条件であることがほとんどですが、永代供養として利用する場合は、檀家にならなくても利用できるケースがほとんどです。そのため、永代供養の場合は、お布施や檀家としての務めが発生することもないとされています。

永代供養がおこなう、一般的な供養の内容

永代供養では供養・法要をご遺族の代わりに施設がおこなってくれます。春・秋のお彼岸やお盆など、決められたタイミングでおこなってくれるので、ご遺族が法要を手配するとか、施設へ赴くとかいった必要はありません。

また、ご遺族側が希望するタイミングでの法要も執りおこなってくれます。たとえば一回忌や三回忌は、しっかりと法要をおこないたいといったときも、施設に相談すれば対応してくれることがほとんどです。

永代供養がおこなう、一般的な管理の内容

管理面としては、お墓の掃除・修繕も施設側がしっかりとおこなってくれます。

たとえば、歳を重ねて思うように掃除ができない、遠方に単身赴任してしまったためこまめにお墓参りに行けない、といったときでも安心できます。

永代供養の歴史

上記のように、永代供養にはいろいろなメリットがありますが、その成立にはどのような背景があるのでしょうか。ここでは永代供養の歴史について解説します。

現在に通じる永代供養墓が登場したのは1985年ごろ

現在に通じる永代供養墓が始まったのは、1985年ごろ。織田信長の焼き討ちで有名な比叡山延暦寺の「久遠墓」が“日本で初めての永代供養墓”だといわれています。「久遠墓」は立派なもので、システムも現在でも十分に通じるほどしっかりとしていました。

そして、当時は「少子化」が社会問題になっていた時代。そんな時代背景もあって「久遠墓」は人びとの注目を集め、世の中に存在が知られるようになりました。そして、それに続くようにして各地で永代供養墓が登場していったのです。

2000年ごろに本格的に普及しだす

しかしながら、当時の人びとは「お墓は承継していくもの・守っていくもの」といった意識が強く、「永代供養墓」に対するイメージはネガティブなものが多かったようです。そのため、永代供養はそれほど世間に浸透しなかったのですが、1999年のいわゆる「墓埋法」の改正やインターネットの台頭がきっかけとなって、永代供養は再び光を浴びるようになります。

それからは安心して利用できるシステムの確立や、しっかりとした外観の永代供養墓の建立が進み、世の中の永代供養墓に対するイメージも徐々にポジティブなものになっていきました。それによって、「永代供養を積極的に利用したい」と考える人も増えていったのです。

そして現在。再度注目を集め始める

そして現在に至って、再び永代供養は人びとの注目を集め出しました。

日本には現在でも、少子高齢化や地域の過疎化などの問題が存在しています。また、人びとの価値観・ライフスタイルも変化していて、お墓に対する考え方も変わってきています。「お墓の継承問題」を抱える人が増える一方で、「従来のお墓制度に疑問を感じる」「従来のものとは違う制度を利用したい」といった要望も増えてきているのが現状です。

そんな悩み・要望に応えうるものとして、永代供養や永代供養墓に対する関心が高まってきたようです。時代の変化に呼応するように登場した永代供養…それに対して人びとの注目が集まるのはある意味では自然な流れだといえるかもしれません。

永代供養の種類と大分県にある運用施設

永代供養には、基本となる「永代供養墓」以外にも、「納骨堂」や「樹木葬」といった種類があります。

ここでは各種類の特徴やメリットと、大分県内でそれらを運営する施設をいくつか紹介していきます。

永代供養墓

永代供養墓は寺院や霊園が管理する墓地の一区画で運営されることが多く、納骨と参拝のスペースは屋外にあることがほとんど。そのため、お参りの際は一般墓と同じく、天候に注意する必要があります。

永代供養墓の中にもさまざまなタイプがありますが、主流となるのは「納骨塔型」と「納骨壇型」と呼ばれるタイプ。「納骨塔型」はモニュメントの下に設置された納骨スペースにご遺骨をまとめて収蔵するタイプで、一方の「納骨壇型」は石材でできた棚の一区画にご遺骨を収蔵するタイプです。

また、一般墓と同じように墓石を建て、そこにご遺骨を収蔵する「墓石安置型」と呼ばれるタイプもありますが費用が割高です。しかし、従来のお墓と似た形状のため、違和感なくお参りができるのがメリットです。

大分県で永代供養墓を運営する施設

大分市にある「勝光寺」は、鎌倉時代から続く歴史ある寺院。こちらの寺院では「勝樹苑」という納骨堂や永代供養墓を運営中です。永代供養墓はいわゆる「納骨塔型」で、ご遺骨は納骨時に合祀されます。このほか、「タワー型マンション墓」と呼ばれるものもあって、そちらではご遺骨を個別に安置可能。ただし、「タワー型マンション墓」は年間護持費がかかってくるので、注意が必要です。

杵築市にある「安住寺」は、JR日豊線・杵築駅から車で9分の場所にある寺院です。1259年創建の古刹で、寺院内には大分県最古の梵鐘や「閻浮壇金観音像」などがあります。「やすらぎの塔」という永代供養墓を運営していて、ご遺骨は33年間個別に安置され、その後「やすらぎの塔」中央にある観音像下に合祀されます。また、春・秋の彼岸や、お盆の供養にくわえ、年間を通して献花、献香をしてもらえます。

納骨堂

納骨堂とは、ご遺骨(骨壷)の収蔵スペースや参拝所を設け、供養や管理をおこなう施設のこと。屋内施設がほとんどですが、まれに屋外の納骨堂もあります。

主流となっているのは「ロッカー型」と「仏壇型」と呼ばれるタイプで、「ロッカー型」はロッカーのように区切られた納骨壇に納骨するタイプ。一方の「仏壇型」は上下2段に分かれた棚に納骨するタイプで、上が仏壇やお供えが置けるスペース、下が納骨スペースとなっています。

上記のほかにも、都市部では「自動搬送式納骨堂」と呼ばれる屋内施設の納骨堂が増えてきています。これは機械で運ばれてきた骨壺と専用スペースで対面できるハイテクな施設。ICカード一枚あれば手ぶらでお参りでき、サービスが充実しているのが特徴です。

大分県で納骨堂を運営する施設

大分市荏隈にある「龍音寺」は、県の文化財である「蓬莱山古墳」のすぐ隣にある寺院。こちらの寺院では、「観音堂」という納骨堂施設を運営中。骨壺を4霊分収蔵可能な「大」と、2霊分収蔵可能な「小」という2種類の納骨壇から選ぶことができ、ご遺骨は個別に安置できます。こちらでは毎朝本堂にて読経供養をしてもらえ、年忌法要もお寺でおこなってもらえるので、手厚い供養を受けたい方におすすめです。

大分市廻栖野にある「一心寺」は、光吉インターチェンジから車で20分の場所にある寺院です。桜の名所としても知られていて、毎年春になると「ぼたん桜祭り」が開催されます。こちらでは樹木葬や永代供養墓、納骨堂を運営中です。納骨堂はいわゆる「ロッカー型」で、建物内に納骨壇が並んでいます。ご遺骨は33回忌まで個別安置可能で(その後合祀)、管理費はかかりません。さらに、納骨堂の目の前に駐車場があるので、お参りしやすいのがメリットです。

樹木葬

樹木葬とは、墓標として樹木や草花を植え、その周囲にご遺骨を埋葬するお墓のことです。

樹木葬には大きく分けて「里山型」と「霊園型」という2つのタイプがありますが、ほとんどが「霊園型」に分類されます。「里山型」は自然の山林を買い取って、それをまるごと樹木葬として運営するタイプで、雄大な自然を味わえるのがメリット。しかし、その特性上、地方や郊外に行かないと見あたりません。

「霊園型」は文字どおり霊園内で樹木葬を運営するタイプで、都市部でも一般的に見られます。「霊園型」の中には色とりどりの花が植えられたガーデニング風のものや、和風・洋風と区画ごとに異なる雰囲気を楽しめるものも。

樹木葬は自然の豊かさを楽しめるのが魅力ですが、「火気厳禁」「花瓶を置けない」など、いくつかの注意点があります。そのため、契約の前には規則内容をしっかりと確認しておくことが大事です。

大分県で樹木葬を運営する施設

玖珠郡にある「金剛宝寺」は、JR豊肥線・波野駅から車で38分の場所にある寺院。「えんむすびの寺院」として知られていて、「夏の大祭・冬の大祭」「仏教道場」など、さまざまな行事に力を入れています。こちらの寺院では樹木葬「天空陵」を運営中。標高1,000メートルの国立公園内にある樹木葬で、爽やかな空気の中でお参りできます。ご遺骨は最大6霊まで納骨可能で、納骨後に合祀されることもありません。管理料は不要で、法事を一律5千円でおこなってもらえるのも魅力的です。

大分市にある「大分中央霊園 さくら離宮 高崎」は、大分インターチェンジから車で約3分の場所にある霊園。永代供養を中心としたサービスをおこなっていて、永代供養墓や納骨堂、樹木葬を運営中です。樹木葬には複数人用の「さくらの碑」と、個人用の「永寿葬」がって、「さくらの碑」では最後の納骨からご遺骨を32年間個別安置し、その後合祀。一方の「永寿葬」ではご遺骨が合祀されることなく、ずっと個別に安置してもらえます。永代供養墓や納骨堂も力を入れて運営されているので、気になる方はチェックしてみてください。

大分県の公営墓地

もしも永代供養を検討するのであれば、「公営墓地」もチェックすることをおすすめします。

墓地の中には「寺院墓地」「民営墓地」「公営墓地」といった種類があって、上で紹介してきた施設は寺院墓地、もしくは民営墓地にあたります。残るひとつの「公営墓地」は自治体が運営する墓地で、ほかふたつに比べて費用が安く、閉園のリスクがずっと少ないのがメリットです。反面、「申込み条件がある」「競争倍率が高い」などの特徴があって、民間の墓地よりは利用するまでのハードルが高いのが難点となっています。

公営墓地は、これまで一般的な墓地しか扱わなかったのですが、最近では公営墓地でも「合葬式墓地」や「納骨堂」など、永代供養に似た設備を運営しているところも増えてきています。そのため、今後のお墓のあり方を考える際は、選択肢のひとつとして、お住まいの地域の公営墓地でどのようなお墓を提供しているのか、一度確認してみてください。

大分県の代表的な公営墓地

大分県内では大分市、別府市、佐伯市、臼杵市、中津市などの自治体で公営墓地を運営中です。

その中で代表的なのが、大分市が運営する「丸山墓地公園」。JR久大本線・南大分駅から徒歩約12分の場所にあって、緑豊かな公営墓地です。高台にあるため開放感があって、気持ち良くお参りができます。

こちらの公営墓地では「大分市営納骨堂」を運営中で、施設内に参拝ホールや間接参拝壇、合葬式収蔵施設が設けられています。ご遺骨を納めるのは間接参拝壇か合葬式収蔵施設から選べ、間接参拝壇の使用期間は30年間。その間は参拝壇にて個別に安置してもらえますが、期間が過ぎると合葬式収蔵施設に移されます。

申込みをするには「大分市に3ヵ月以上住所を有する」など、いくつかの条件をクリアする必要があるので、注意してください。

まとめ

今回は、大分県の葬儀事情や風習、永代供養に関する情報をお伝えしました。

大分県は地域によって火葬のタイミングが異なることや、通夜に香典を持参すると「葬儀には参加できない」と判断されることもあることがわかりましたね。

また、大分県における永代供養の普及は、まだこれからのようですが、施設数は少ないものの、各施設では手厚いサービスを実施中だということもわかりました。永代供養墓だけでなく、納骨堂、樹木葬を運営する施設もあるので、選択肢の幅は決して狭くありません。

大分県で永代供養を探している方は、ここでの情報をもとにして、ぜひご自身に合った施設を見つけてください。