お問い合わせ

東京都の永代供養で費用が安くて失敗しない永代供養墓の選び方

東京都の永代供養の無料案内

  • 最安値3万円~
  • 年間管理費0円

エリアを熟知した専任スタッフが対応します

ご相談は何度でも無料です

  • 最安値3万円~
  • 年間管理費0円

エリアを熟知した専任スタッフが対応します

東京都の永代供養墓

費用を抑えられる「合祀」と「個別安置」
合祀(=合葬)は、他の方の遺骨と一緒に埋葬されて納骨後に遺骨を取り出せないが、その分費用が抑えられて全国的に10万円前後が多い。一方、個別安置は一定期間は他の方の遺骨と一緒にされず個別に安置される。合祀よりも費用が高くなる傾向で、一定期間の個別安置が終わると合祀されることがほとんど。

お近くの永代供養を3つご案内

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

東京都にある合祀の永代供養墓

以下で紹介する永代供養墓はすべて合祀タイプの永代供養墓です。

合祀タイプの永代供養墓はおよそ10万円程度が相場ですが、東京都には10万円より安い永代供養墓が複数あります。

法音寺は遺骨を郵送で送って納骨する「送骨納骨」が可能な寺院で、全国から受け付けています。

また、東京徳純院は遺骨を粉骨加工して、全長2mの阿弥陀如来像の胎内に納骨する珍しいタイプの永代供養墓になっています。

寺院名 エリア 費用
真清浄寺しんしょうじょうじ 新宿区 3万円
傳久寺でんきゅうじ 新宿区 3万円
法音寺ほうおんじ 府中市 3万円
東京徳純院とうきょうとくじゅん 港区 3.5万円
九品院くほんいん 練馬区 5万円
サニープレイス福寿園ふくじゅえん 北区 5万円
正洞院しょうとういん 台東区 5万円
実相院じっそういん豊玉永代供養墓とよたまえいたいくようぼ 練馬区 7万円
町田まちだいずみ浄苑じょえん 町田市 8万円
シムティエール山手の杜やまてのもり 中野区 8万円
幸國寺こうこくじ 新宿区 9万円
善應寺ぜんのうじまほろばのあん
足立区 10万円

合祀の永代供養の資料を無料請求

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

東京都の個別安置の永代供養墓

納骨後すぐに他の方の遺骨と一緒に埋葬されることに抵抗があるという方や、一定期間は個別で供養したいという方には、遺骨を個別に安置する期間が設けられている個別安置タイプの永代供養墓がおすすめです。

また、遺骨を個別に安置するタイプの永代供養墓にはおもに3つの種類があります。

寺院名 エリア お墓の種類 費用
真清浄寺しんしょうじょうじ 新宿区 納骨堂 10万円
修行寺墓苑しゅぎょうじぼえん 杉並区 永代供養墓 15.8万円
板橋いたばし向原むかいはら浄苑じょうえん 板橋区 永代供養墓 40万円
光華園霊園こうかえんれいえん 青梅市 永代供養墓 63万円
多摩聖地霊園たませいちれいえん 西多摩郡 樹木葬 65万円
風の丘かぜのおか樹木葬じゅもくそう墓地ぼち 八王子 樹木葬 54万円+年間管理費7.7千円
外苑がいえんこもれびのもり 新宿区 樹木葬 45万円~+年間管理費3千円
天空陵苑てんくうりょうえん 墨田区 納骨堂 35万円+管理費19.5万円
上野うえのさくら浄苑じょうえん 台東区 納骨堂 78万円+年間管理費1.6万円
蔵前陵苑くらまえりょうえん 台東区 納骨堂 85万円+年間管理費1.5万円
應慶寺おうけいじ目黒めぐろ御廟ごびょう 品川区 納骨堂 86万円+年間管理費1.5万円

個別安置の永代供養の資料を無料請求

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

永代供養のお墓の種類

永代供養墓

いわゆる「永代供養墓」と呼ばれるものは一般のお墓と同じように、ご遺骨の安置・参拝スペースが屋外にあることがほとんどです。

「納骨塔型」「納骨壇型」「墳陵型」などいくつかのタイプがあって、タイプによってご遺骨の納骨方法や外観が異なります。なかには「墓石安置型」といって、個別に墓石を建てるタイプも。このタイプは一般のお墓と同じようにお参りできるのがメリットですが、ほかのタイプに比べて費用が割高になります。

納骨堂

納骨堂とは建物内に納骨スペースや参拝スペースを設け、そこでご遺骨を管理・供養する施設のことです。もともとは「ご遺骨を一時的に預かるためのもの」だったのですが、最近では永代供養のプランが付いた納骨堂も増えてきました。

納骨堂にも、「ロッカー型」「霊廟型」「機械式納骨堂」といった複数のタイプがあります。また、施設の規模もさまざまです。霊園・寺院内に建てられた比較的コンパクトな建物で永代供養をおこなうケースもあれば、5階建てのビルをまるごと納骨堂として利用するケースもあります。

納骨堂のメリットは、天候に左右されずゆったりとお参りができること。また、サービスが充実している施設や、アクセスしやすい場所にある施設も多く、全般的に利便性が高いのも特徴のひとつです。

樹木葬

樹木葬とは、樹木や草花を墓標として、その周囲にご遺骨を埋葬するお墓のことです。樹木葬は永代供養を前提としていることがほとんどなので、永代供養のひとつに数えられます。

永代供養墓、樹木葬と同じく、樹木葬にもさまざまなタイプがあります。自然の山林をまるごと墓地として活用する樹木葬や、ガーデニング風の樹木葬、ペットと一緒に入れる区画が用意されている樹木葬もあります。

樹木葬のメリットは、なんといっても「自然豊かな土地で眠れる」ということ。ご遺骨の納骨方法によっては、直接土に還ることも可能です。自然志向の方や「母なる大地に還りたい」という希望をお持ちの方には、樹木葬がおすすめです。

東京都の永代供養墓(市区町村別)

永代供養を選ぶ際は、費用や遺骨の安置方法(合祀か合祀以外か)のほかご自宅から近いかどうかも選ぶポイントになります。以下で東京都の永代供養墓の一部を市区町村別に紹介します。

江戸川区の寺院 お墓の種類 費用
圓勝院えんしょういん 永代供養墓 30万円~80万円
樹木葬 50万円~
感應寺かんのうじ 永代供養墓 50万円~
納骨堂 30万円~80万円~
證大寺しょうだいじ 永代供養墓 38万円~
文京区の寺院 お墓の種類 費用
長源寺ちょうげんじ 樹木葬 45万円~
慈照院じしょういん 樹木葬 40万円~
圓乗寺えんじょうじ 納骨堂 78万円~125万円
墨田区の寺院 お墓の種類 費用
圓通寺えんつうじ 納骨堂 40万円~80万円
霊性院れいしょういん 納骨堂 55万円円
龍興院りゅうこんいん 永代供養墓 30万円~60万円

市区町村別で永代供養墓を無料で探す

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

世田谷区の寺院 お墓の種類 費用
即法寺そくほうじ 永代供養墓 10万~189万円~
常福寺じょうふくじ 樹木葬 75万円~90万
法徳寺ほうとくじ 永代供養墓 10万円~160万円~
台東区の寺院 お墓の種類 費用
正洞院しょうとういん 永代供養墓 5万円
浄名院じょうみょういん 納骨堂 78万円~93万円
津梁院しんりょういん 永代供養墓 25万円~
納樹木葬 70万円~
練馬区の寺院 お墓の種類 費用
九品院くほんいん 永代供養墓 5万円
実相院じっそういん豊玉永代供養墓とよたまえいたいくようぼ 永代供養墓 7万円
寿福寺じゅふくじ 樹木葬 60万円~65万円~
仮宿院けしゅくいん 樹木葬 72万円~92万円~

市区町村別で永代供養墓を無料で探す

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

大田区の寺院 お墓の種類 費用
曹禅寺そうぜんじ 納骨堂 50万円~100万円
清流寺せいりゅうじ 永代供養墓 20万円~
法浄院ほうじょういん 納骨堂 60万円
新宿区の寺院 お墓の種類 費用
真清浄寺しんしょうじょうじ 永代供養墓 3万円
傳久寺でんきゅうじ 永代供養墓 3万円
幸國寺こうこくじ 永代供養墓 9万円
宝泉寺ほうせんじ 納骨堂 50万円~
龍善寺りゅうぜんじ 永代供養墓 33万円~45万円~
納骨堂 43万円~73万円~
放生寺ほうしょうじ 永代供養墓 30万円~80万円
府中市の寺院 お墓の種類 費用
常久寺じょうきゅうじ 永代供養墓 11万円~143万円~
樹木葬 19.8万円~118.8万円~
花蔵院けぞういん 永代供養墓 25万円~60万円
樹木葬 40万円~60万円~
龍興院りゅうこんいん 永代供養墓 30万円~

市区町村別で永代供養墓を無料で探す

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

多摩市の寺院 お墓の種類 費用
大乗寺だいじょうじ 永代供養墓 10万円~132万円~
樹木葬 19.8万円~96.8万円~
真明寺しんみょうじ 永代供養墓 28万円~120万円
八王子市の寺院 お墓の種類 費用
興福寺こうふくじ 永代供養墓 11万円~132万円~
樹木葬 19.8万円~118.8万円~
心源院しんげんいん 納骨堂 49.8万円~
廣園禅寺こうおんじ 永代供養墓 28万円~
町田市の寺院 お墓の種類 費用
町田まちだいずみ浄苑じょえん 永代供養墓 8万円
妙福寺みょうふくじ 永代供養墓 12万円
樹木葬 38万円~110万円
宏善寺こうぜんじ 永代供養墓 25万円~111万円

市区町村別で永代供養墓を無料で探す

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

東京都のお墓・葬儀事情

日本全国を見渡してみると、葬儀における独特の風習・しきたりが残っている地域が数多くあります。しかし、東京都はほかの地域にくらべると、葬儀における独特の風習・しきたりがそれほど多くないことがわかりました。

東京都の寺院数や葬儀1件あたりの費用についてお伝えした後で、東京都の葬儀事情・特色についても解説します。

東京都の寺院数

文化庁の「宗教年鑑 令和元年版」によると、東京都の寺院数は2,874カ所。これは千葉県の3,002カ所に次ぐ、全国7位の数字です。

埼玉県は2,263カ所、神奈川県は1,893カ所、栃木県は992カ所なので、「都市」のイメージが強い東京都の寺院数が、意外と多いことがわかります。

東京都の葬儀1件あたりの費用

経済産業省の「特定サービス産業実態調査」を読み解くと、東京都の葬儀1件あたりの費用は約104万円だということがわかります。これは全国24位の数字です。
※「葬儀一式請負の年間売上高(百万円)/年間葬儀取扱件数(件)」で計算

近隣都道府県では、神奈川県が約121万円、千葉県が約118万円、埼玉県が約119万円。そして、なんと栃木県の葬儀1件あたりの費用は約164万円で全国1位。これらのことから、東京都は葬儀にそれほど多くの費用をかけない地域であることがみえてきます。

東京都の葬儀事情・しきたりの傾向

東京都では「後火葬」がほとんど

東京都のお葬式では、「後火葬」が一般的です。後火葬とは葬儀や告別式を終えた後に火葬をおこなうスタイルのこと。その反対に葬儀・告別式の前に火葬をおこなうことを「前火葬」といいます。

埼玉県や千葉県など首都圏内の都道府県でも、地域によっては「前火葬」をおこなうところもあるようです。また、それ以外の都道府県には、通夜の前に火葬をおこなう「骨葬」というスタイルが残る地域もあります。

「通夜振る舞い」は一般の参列者も食べる

通夜が終わった後、喪主が食事やお酒を振る舞うことを「通夜振る舞い」といいます。西日本地域の通夜振る舞いでは親族を招待するのが一般的ですが、東京都では一般の参列者も参加することが多いようです。

これには「参列者が飲食をともにしながら故人について語ることが供養となる」という意味があるそう。また、もしも料理やお酒をすすめられた場合は、ひと口だけでも箸をつけるのが礼儀とされています。

「逆さ臼」という独特の風習が残る地域も

東京都は葬儀における独特の風習・しきたりが少ない地域ですが、それでも一部の地域では昔ながらの風習を受け継いでいるようです。

たとえば多摩地域には「逆さ臼」というしきたりがあります。これは火葬場から戻った後に、逆さに置かれた臼に腰をかけ、清め塩をするというもの。最近では自宅に臼を置いてある家庭が少なくなってきているので、紙に臼を印刷して椅子などに上下逆さまにして貼って代用することもあるようです。

由来は諸説ありますが、一説には「餅つき=おめでたいこと」に使う道具を逆さまにすることで、「喪に服している」ことを表す…という意味があるようです。

東京都でも広がりをみせる永代供養・永代供養墓

独特の風習・しきたりは少ないものの、通夜振る舞いには一般の参列者も招待されるなど、関西圏とは異なる葬儀事情も見られる東京都。

そんな東京都でも「永代供養」という供養方法が徐々に広がりをみせています。

永代供養・永代供養墓の概要

永代供養とは、契約時に料金一式を支払うことで、納骨後の管理・供養のほとんどを施設にまかせられる供養方法のこと。

従来のお墓であれば、法要のたびに寺院・霊園へ足を運び、お墓の掃除も場合によっては自らおこなう必要がありました。一方、永代供養では、法要・供養は必要なタイミングが来たときに施設がおこなってくれ、くわえてお墓の掃除・修繕もおこなってくれます。

そのほかにも、永代供養には以下のような特徴があります。

多くのメリットがあるため、永代供養は従来のお墓に代わる選択肢として、人びとの注目を集めるようになってきています。

なお、永代供養をおこなうお墓のことを、一般的なお墓と区別して「永代供養墓(えいだいくようぼ)」と呼びます。永代供養墓は大きく分けると、「永代供養墓」「納骨堂」「樹木葬」の3つのタイプがあります。

永代供養に関する素朴な疑問

永代供養に関する素朴な疑問と、その答えについてお伝えします。

ご遺骨はずっと個別に供養してもらえるの?

永代供養の利用を検討している方が一番気になるのは、「ご遺骨はいつまで供養してもらえるのか」というポイントではないでしょうか。

この疑問に対しては、その施設が存続する限りにおいてご遺骨はずっと供養され続けていく…と答えることができます。ただし、ご遺骨が個別に供養されるかどうかは、施設・契約内容によって変わってくるので注意が必要です。

永代供養には以下のように、大きく分けて2つのタイプがあります。

「合祀」とは、ご遺骨を骨壺から取り出し、ほかのご遺骨と一緒に共同スペースに埋葬することです。1番目の「ご遺骨を最初から合祀するタイプ」では文字どおり初めからご遺骨を合祀してしまうので、そもそも故人のご遺骨だけを個別に安置することはできません。

一方、2番目の「骨壺で個別に安置するタイプ」であれば、一定期間はご遺骨を個別に安置することが可能です。ただし、このタイプでもほとんどの場合「契約期間」が定められている点には注意が必要です。その場合、定められた期間中はご遺骨を個別に安置してもらえますが、それが過ぎるとご遺骨は合祀されてしまいます。

ただし、ご遺骨が合祀されたからといってそれで供養が終わってしまうわけではありません。いずれのタイプであっても、合祀後もご遺骨は手厚く供養され続けます。

永代供養料と永代使用料の違いとは?

永代供養について調べていると、永代供養料と永代使用料という費用項目があることがわかってきます。この2つは名前がよく似ているので混同されがちですが、実は根本的には異なるものです。

永代供養料とは読んで字のごとく、「永代にわたって供養を受けるための費用」のこと。一方、永代使用料は「永代にわたって土地を使用するための費用」のことです。

永代使用料は特定の土地・区画を使用する必要がある場合にかかってくるもので、永代供養の中でも納骨堂や樹木葬、個別にお墓を建てるタイプの永代供養墓などで請求されることが多いです。

ただし、「永代使用料」という名目で費用が請求されたとしても、ほとんどの場合、その中には永代供養料やそのほかの費用が含まれています。便宜上「永代使用料」として、そのほかの費用をその中にまとめてしまう…という形を取ることが多いですね。

東京都の永代供養を詳しく知りたい

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

公営墓地とは

墓地には民営墓地や寺院墓地、公営墓地といった種類があります。その中でも公営墓地は、ほかに比べて費用が安く、行政が運営しているという安心感があるのが特徴です。また、公営墓地の中には「合葬式墓地」や「樹林型墓地」といった、永代供養によく似た墓所を運営しているところもあります。

一方で、公営墓地は競争倍率が高く、申込みに条件があるなど、なにかと利用のハードルが高いのが難点です。また、公営墓地には「供養をする」という概念がないため、基本的に永代供養はおこなわれません。

東京都で永代供養をおこなっている施設

青梅市天ヶ瀬町にある寺歴1000年を超える密教寺院の東光寺では、守護観音様に守られて安らかに眠ることができる永代供養塚があります。

東京スカイツリーの前を流れている北十間川を渡ったところにある春慶寺にやすらぎの納骨堂があります。

まとめ

ほかの都道府県に比べると、東京都の葬儀にはあまり目立った特徴がみられません。しかし、昔ながらのしきたりを守っている地域も少なからずあって、そこでは葬儀中に珍しい光景がみられることもあるようです。

そんな東京都には、さまざまな種類の永代供養施設があります。なかでも納骨堂の数がほかの地域に比べて多く、いずれもデザイン・サービスが充実している印象です。このほか永代供養墓、樹木葬の施設も充実しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

条件にあう東京都の永代供養墓をご提案

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

永代供養を探す

北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城
秋田 山形 福島
関東 東京 埼玉 神奈川 千葉
茨城 栃木 群馬
信越
北陸
新潟 富山 石川 福井
中部
東海
愛知 山梨 長野 三重
岐阜 静岡
近畿 大阪 兵庫 京都 奈良
滋賀 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島
山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州
沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ご相談は何度でも無料