お問い合わせ

西方寺(神奈川県横浜市)の永代供養・納骨堂の費用・評判

※写真 準備中

↓【無料】メールでお問い合わせ↓

お電話・LINEでも受付中

↓【無料】メールでお問い合わせ↓

お電話でも受付中

西方寺さいほうじ
住所 〒223-0057
神奈川県横浜市港北区新羽町2586
アクセス 新羽駅から徒歩で5分
MAP
経営主体 寺院墓地(真言宗)
【無料】お墓の質問・相談窓口
【無料】お墓の質問・相談窓口

西方寺のお墓・永代供養の費用

永代供養墓

屋外の墓石の下に埋葬

※写真はイメージ

納骨堂

屋内のロッカーに収蔵

※写真はイメージ

西方寺には、永代供養墓と納骨堂があります。永代供養墓は30万円~80万円納骨堂は49.8万円~60万円で、申し込み後すぐに遺骨を合祀するのか、個別安置期間を設けるのか、遺骨の最大収容人数によって費用が異なります。

永代供養墓

西方寺 遍照殿

合祀プラン

安置方法:合祀

安置期間:-

1

30

万円

管理費:–

お1人様プラン

安置方法:個別

安置期間:33回忌

1

50

万円

管理費:–

お2人様プラン

安置方法:個別

安置期間:33回忌

1

80

万円

管理費:–

故人のお名前、戒名等の墓誌への記載を希望される場合は別途で3.7万円が必要です。

国籍 宗派 引っ越し納骨 檀家義務 生前申込
不問 可能 なし 可能
支払い方法
分割払いの対応

空き状況 ×
安置方法 ■合祀プラン:合祀
■お1人様・お2人様プラン:個別
埋葬方法 ■合祀プラン:骨壺から取り出して合祀
■お1人様・お2人様プラン:骨壺
安置場所 屋外
安置期間 ■合祀プラン:–(永代合祀)
■お1人様・お2人様プラン:33回忌
安置期間経過後 合祀
供養方法 永代供養簿に記載して、毎年4月29日に総供養会で合同供養
継承者の有無 必要なし
遺骨の最大収容人数 ■合祀プラン:1霊ごとに費用を支払うことで何霊でも納骨可能
■お1人様・お2人様プラン:1霊
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

納骨堂

西方寺 菩提心

ご家族様プラン

安置方法:個別

安置期間:–

1

49.8~65

万円

管理費:8,500円

故人のお名前、戒名等の墓誌への記載を希望される場合は別途で3.7万円と、プレート代は3万円が必要です。

菩提心は納骨をする区画によって費用が異なります。納骨壇4壇目は49.8万円、納骨壇3段目は55万円、納骨壇2段目は60万円、納骨壇1段目は65万円です。

国籍 宗派 引っ越し納骨 檀家義務 生前申込
不問 可能 なし 可能
支払い方法
分割払いの対応

空き状況 ×
安置方法 個別
埋葬方法 骨袋
安置場所 屋外
安置期間 年間管理費を支払うことで期限なし
安置期間経過後 年間管理費のお支払いが難しくなった場合や、継承者が途絶えた場合は西方寺に相談をすることで、合祀墓に移して合祀
供養方法
継承者の有無 必要
遺骨の最大収容人数 4霊
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

西方寺のお墓・永代供養の見学予約

見学可能な曜日
見学ができる時間帯

西方寺の見学予約をご希望の場合は、ハカシルにお電話(0120-061-029)もしくは、メールフォームでご連絡ください。見学予約についてご案内します。

また、見学後、別の寺院(霊園)をご希望される場合は、ご希望に沿う寺院(霊園)をご案内します。

西方寺のお墓・永代供養に納骨するまでの流れ

1.見学予約をする

ハカシルの電話(0120-061-029)または、メールフォームから見学予定日をご連絡ください。

2.見学にいく

西方寺へ見学にいきます。質問がありましたら見学の際にお聞きください。

3.契約をする

実際に見学をして、墓地の雰囲気が気に入りましたら申し込みます。

申し込みに必要な書類など

4.納骨式に参列する

納骨をする日に、遺骨をもって西方寺に行き、納骨式に参列して終了となります。

西方寺の設備情報

開門・閉門時間 9:00~17:00
参拝・拝観ができる時間

西方寺の設備

トイレ 喫煙所 休憩スペース 会食施設 法要施設
水場 売店 車いすの用意 障がい者用トイレ 車いすでの参拝
×
ごみの処分箱 管理人駐在 防犯カメラ・見回り 駐車場 バリアフリー

西方寺の供養のルール

特に供養のルールはありません。

西方寺の最寄り駅・駐車場とアクセス方法

西方寺の周辺地図

電車でのアクセス方法

【横浜市営地下鉄ブルーライン 新羽駅からお越しの方】
横浜市営地下鉄ブルーラインの新羽駅から徒歩5分

バスでのアクセス方法

【横浜市営バス 41系統 新羽町からお越しの方】
新羽町バス停で下車したあと徒歩2分

自動車でのアクセス方法

【横浜市営地下鉄ブルーライン新羽駅からお越しの方】
横浜市営地下鉄ブルーライン新羽駅から車で2分

【港北ICからお越しの方】
港北ICから車で5分

駐車場

西方寺の本堂・納骨堂、永代供養墓には、無料の駐車場があります。参拝や見学をする際は、ご利用ください。

西方寺の年間行事と歴史

西方寺の年間行事

毎年4月29日に永代供養墓に納骨されたご遺骨を総供養会で合同供養しております。ほかにも、横浜七福神御開帳・節分会・花まつりといった年間を通して行事をおこなっています。

1月1日~1月7日 横浜七福神御開帳 七福神が祀られているお寺にお参りをする
2月3日 節分会 星供曼荼羅を開帳し、護摩供を厳修。家内安全・開運厄除け・無病息災を祈願し、参加された皆さんで豆まきをする
4月8日 花まつり お釈迦さまのお誕生日を祝うため、本堂前にお花で飾った花御堂を作り、右手で天を、左手で地を指しているお釈迦様をお祀りし、甘茶を濯ぎかけてお参りする
4月29日 総供養会 永代供養をされた遺骨を合同供養する
8月10日 大施餓鬼会 先祖の冥福を念じるとともに自分自身に与えられた生命に感謝し、長寿を願い、すべての生命を尊ぶ会
10月 注連引き百万遍 子供たちの健康を祈る会
12月31日 除夜の鐘 大晦日の午前0時をまたぐように鐘をつく会

西方寺の歴史

西方寺に伝わる江戸時代の霊簿(過去帳)には、1190年に神奈川県鎌倉の笹目に「補陀洛山、安養院、西方寺」として創建されたと記載されています。

鎌倉に北条重時が極楽寺という広大なお寺を創建したことによって、極楽寺の付近にあった西方寺が極楽寺の一山に移建。

さらに、極楽寺の一山に移建されたあと、1492年から1501年に「西方寺は極楽寺から船で鶴見川を遡り、新羽の勝地をトして建てられた」と言い伝えられています。

また、本尊である阿弥陀如来が鎌倉にあった頃は金箔が施されていました。しかし、金箔の輝きで海の魚が捕れなくなってしまった漁師が、全身に経文を書きながら阿弥陀如来を墨で塗りつぶしたことで「黒本尊」として親しまれていたとも言い伝えられています。

西方寺でよくある質問

西方寺の永代供養墓の費用を教えてください

西方寺には、永代供養墓と納骨堂があります。

永代供養墓は30万円~80万円、納骨堂は49.8万円~60万円で、申し込み後すぐに遺骨を合祀するのか、個別安置期間を設けるのか、遺骨の最大収容人数によって費用が異なります。くわしくはこちら

西方寺に見学予約をする方法を教えてください

ハカシルの電話(0120-061-029)または、ホームページの メールフォームから見学希望寺院と見学希望予定日と時間をご連絡ください。

見学希望予定日と時間につきましては、西方寺の見学受け付け時間をご確認ください。くわしくはこちら

西方寺のお墓・永代供養の口コミ・評判

西方寺

0

交通の利便性

0.0/5

寺院の雰囲気

0.0/5

お墓の管理状況

0.0/5

寺院の設備状況

0.0/5

寺院の周辺環境

0.0/5

口コミの入力はこちら

お墓・永代供養を探す

北海道・東北

関東

信越・北陸

中部・東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄