お問い合わせ

善光寺東海別院(愛知県稲沢市)の永代供養の費用・評判と見学予約

善光寺東海別院

  • 住所:〒495-0001 愛知県稲沢市祖父江町祖父江南川原57-2
  • 経営主体:寺院墓地
  • アクセス:名鉄尾西線 森上駅からコミュニティバス「ふれあいの郷」行きで「善光寺南」バス停下車、徒歩約5分
  • 総区画数:–

条件

国籍 宗派 ペットと埋葬 檀家義務 生前申込
宗派不問
なし
可能

費用の価格幅

納骨堂 200,000円~800,000円

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

善光寺東海別院の永代供養の費用

永代供養のお墓の種類には、合祀墓・個別墓といった屋外に建てる永代供養墓、墓石の代わりに樹木を墓標として故人を供養する樹木葬、屋内に遺骨が収蔵できる納骨堂があります。

善光寺東海別院には納骨堂である「善光寺本堂納骨堂」があり、本堂に併設されています。

納骨堂には1人様用の「個人壇納骨堂」、夫婦2人様用の「夫婦壇納骨堂」があり、夫婦壇納骨堂には以下の3つのタイプがあります。

納骨堂

善光寺東海別院 善光寺本堂納骨堂

善光寺東海別院 善光寺本堂納骨堂の費用
費用 ■個人壇納骨堂:200,000円
■夫婦壇納骨堂・前後型:500,000円
■夫婦壇納骨堂・扉付き前後型:700,000円
■夫婦壇納骨堂・扉付き並列型:800,000円
管理費 不要

費用には、納骨手数料・永代供養料・納骨法要料が含まれていて、管理費用はかかりません。永代供養は毎日おこなわれます。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
善光寺東海別院 善光寺本堂納骨堂の概要
空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋内
安置期間
安置期間経過後 33年後の忌明けを目安に納骨堂の供養塔へ合祀
遺骨の供養方法 毎日供養
継承者の有無 不要
遺骨の最大収容人数
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬

善光寺東海別院の善光寺本堂納骨堂は、契約しても檀家になる必要はありません。また、仏教以外の方でも納骨いただくことができ宗旨宗派は問いません。

すでにあるお墓からご遺骨を納骨堂に納骨することも可能です。

善光寺東海別院では、境内でペット供養が可能で、9時から16時半まで受け付けています。供養料は5,000円、納骨を希望の場合は30,000円~になります。なお、遺体の火葬はできませんのでご留意ください。

善光寺東海別院の永代供養の見学予約

見学をおこなっている曜日
見学ができる時間帯

善光寺東海別院 善光寺本堂納骨堂の見学予約をご希望の場合は、ハカシルにお電話もしくはメールフォームでご連絡ください。見学予約についてご案内します。

また、見学後、別の寺院(霊園)をご希望される場合は、ご希望に沿う寺院(霊園)をご案内します。

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

善光寺東海別院の永代供養墓に納骨するまでの流れ

1.見学予約をする

ハカシルの電話または、メールフォームから見学予定日をご連絡ください。

2.見学にいく

善光寺東海別院へ見学にいきます。

3.契約をする

実際に見学をして、雰囲気などが気に入りましたら契約をします。

4.納骨式に参列する

契約後、納骨式の日程を決めます。後日、善光寺東海別院で納骨式に参列して終了です。

善光寺東海別院の設備情報

善光寺東海別院の景色・外観と設備情報

善光寺東海別院は、信州善光寺の別院で、本堂は信州善光寺の約3分の2ほどの大きさがあります

善光寺は日本仏教の根源ともいわれており宗派が分かれる前に建てられました。そのため特定の宗派に属さない無宗派の寺院で、善光寺東海別院も同様に無宗派で誰でも参拝できます。

善光寺東海別院の地はもともと蓮田でした。いまでも世界各地から集められた蓮が栽培されていて、初夏から夏にかけて蓮の花が見ごろになります。

善光寺東海別院の開門・閉門時間
善光寺東海別院の参拝・拝観ができる時間 9:00~17:00

善光寺東海別院の設備

トイレ 喫煙所 休憩スペース 会食施設 法要施設
水場 売店 車いすの用意 障がい者用トイレ 車いすでの参拝
ごみの処分箱 管理人駐在 防犯カメラ・見回り 駐車場 バリアフリー

車でお越しの場合は、駐車場は大型バスも駐車できる境内の無料駐車場をご利用ください。

善光寺東海別院の供養のルール

9:00~17:00の間であれば、自由に参拝することができます。

善光寺東海別院の最寄り駅・駐車場とアクセス方法

善光寺東海別院の周辺地図

電車でのアクセス方法

【名鉄尾西線 森上駅からお越しの方】
森上駅からタクシーで約5分
森上駅からコミュニティバス「ふれあいの郷」行きで「善光寺南」バス停下車、徒歩約5分

【東海道新幹線 岐阜羽島駅からお越しの方】
岐阜羽島駅からタクシーで約15分

自動車でのアクセス方法

【名神高速羽島ICよりお越しの方】
南東へ車で約15分

【東名阪高速 弥富ICよりお越しの方】
北へ車で約25分

善光寺東海別院の年間行事と歴史

善光寺東海別院の年間行事

1月1日 修正会 一山僧侶総出仕のもと、天下泰平・五穀豊穣を祈願する法要
1月1日~8日 初詣
1月28日 初不動尊縁日(大祭) 初不動尊のご縁日で1年で1番にぎわう。午前・午後の2回護摩焚きで無事息災を祈願。
2月3日 節分会 参加者で般若心経を365回読んだ後、境内で豆まきをおこなう
3月のお彼岸 春季彼岸会 7日間永代経をおこなう
8月13日~15日 お盆供養・万灯供養 ご先祖様、水子さんを供養
9月のお彼岸 秋季彼岸会 7日間永代経をおこなう
11月3日 水子総供養 10:00~15:00まで毎時供養
12月31日 除夜の鐘 12月31日23:00~1月1日2:00頃まで
鐘は108回の決まりはなく参加者全員がつくことが可能で、甘酒が振る舞われる
毎月28日 不動尊縁日 護摩焚きで無事息災を祈願

善光寺東海別院の歴史

善光寺東海別院には、信州善光寺と区別するために「祖父江善光寺」(そぶえぜんこうじ)や「尾張善光寺」(おわりぜんこうじ)といった別名があります。

善光寺東海別院のご本尊さまは、信州善光寺のご本尊「善光寺如来」(一光三尊阿弥陀如来)の分身です。善光寺如来は、阿弥陀如来を中心に左に観音菩薩と右に勢至菩薩がいらっしゃり、3つの仏さまの後ろに光背があります。これが一光三尊阿弥陀如来ともいわれる所以です。

善光寺東海別院のある祖父江付近は、1582年に織田信長と信長の次男、信雄によって善光寺如来が立ち寄ったといわれる地です。

その後1909年と1910年(明治42年と43年)に、蓮を栽培する「蓮田」となっていたこの地で、1本の茎から2つの花が咲くという不思議な現象がおきました。それを機に林旭住上人が1911年に蓮田を埋め立て、信州善光寺本坊大勧進から「善光寺如来」をお迎えし仮のお堂が建てられました。

林旭住上人は、善光寺東海別院を建てるために勧進活動のひとつとして、「善光寺如来絵伝」の絵解き(絵が意味するところを説明)を、愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県に出向いておこなったといわれています。

絵解きは林旭住上人のあと、そのご子息である二世旭山師に継承されましたが、その後途絶えます。

しかし、旭山師が残した資料を参考に平成16年に新たな「善光寺如来絵伝」を見ることができるようになりました。

善光寺東海別院でよくある質問

善光寺東海別院 善光寺本堂納骨堂の費用を教えてください

善光寺東海別院の善光寺本堂納骨堂は、1人用では200,000円、夫婦2人用では500,000円~800,000円の費用がかかります。

夫婦2人用の納骨堂は、骨壺を並べて安置するか前後で安置するか、また、骨壺の前に扉がついているかで費用が異なります。くわしくはこちら

善光寺東海別院に見学予約をする方法を教えてください

ハカシルの電話(0120-061-029)または、ホームページのメールフォームから見学希望寺院と見学希望予定日と時間をご連絡ください。

見学希望時間につきましては、善光寺東海別院の受付時間(9:00~17:00)内でお選びください くわしくはこちら

善光寺東海別院の永代供養の口コミ・評判

善光寺東海別院

0.00
0

交通の利便性

0.0/10

寺院の雰囲気

0.0/10

お墓の管理状況

0.0/10

寺院の設備状況

0.0/10

寺院の周辺環境

0.0/10

口コミの入力はこちら

ご相談は何度でも無料