お問い合わせ

應慶寺 目黒御廟(東京都品川区)の永代供養の費用・評判と見学予約

應慶寺 目黒御廟

  • 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-10-45
  • 経営主体:寺院墓地
  • アクセス:JR目黒駅から徒歩3分
  • 総区画数:9500区画

条件

国籍 宗派 ペットと埋葬 檀家義務 生前申込
国籍不問
宗派不問
可能
義務なし
可能

費用の価格幅

納骨堂 860,000円~1,400,000円

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

應慶寺 目黒御廟の永代供養の費用

永代供養のお墓の種類には、合祀墓・個別墓といった屋外に建てる永代供養墓、墓石の代わりに樹木を墓標として故人を供養する樹木葬、屋内に遺骨が収蔵できる納骨堂があります。

應慶寺 目黒御廟は自動搬送式の納骨堂です。自動搬送式とは参拝カードを使用することで、参拝ブースの中央に遺骨を納めた遺骨収蔵厨子が直接運ばれてくるシステムのことです。

参拝ブースは地下1階、1階、2階にあって、それぞれ参拝ブースの階数ごとで費用が異なります。

ほかにも、應慶寺 目黒御廟では改葬や墓じまいの受け入れをおこなっています。應慶寺 目黒御廟には改葬や墓じまいに関する専門のスタッフが常駐しているため、手続きなどで分からないことがあればすぐに相談をすることができます。

納骨堂

應慶寺 目黒御廟 光の華 ベーシックプラン睡蓮

ベーシックプラン睡蓮は、地下1階の参拝ブースで参拝をすることができるプランになります。

地下1階は白を基調にした壁と、参拝室を区切るガラスのパーテーションには睡蓮が描かれていて、とてもシンプルなデザインの参拝ブースとなっています。

應慶寺 目黒御廟 光の華 ベーシックプラン(睡蓮)の費用
費用 860,000円
管理費(年間護持会費) 15,000円

※費用には、永代使用料、永代供養料、法名・戒名授与費、銘板・彫刻費、遺骨収蔵厨子費が含まれています。すでに法名・戒名がある場合は、変えるか変えないかを選択することができます。

※應慶寺 目黒御廟をお申し込みした初年度の護持会費は、購入した翌月から3月までの月数を数えて15,000円から数えた月を割った護持会費を支払う必要があります。例)9月に購入した場合:10月から翌年の3月分の護持会費として7,500円

※4月以降から年間護持会費として15,000円を支払う必要があります。

費用の支払い方法
支払い方法 現金振り込み/ローン※クレジットカード払い不可
分割払いの対応 ×

※應慶寺 目黒御廟に永代供養をお申し込みした場合、費用はなるべく早めにお支払いください。

※ローンで費用を支払う場合は1度、應慶寺 目黒本廟に見学をした際に相談をする必要があります。

應慶寺 目黒御廟 光の華 ベーシックプラン睡蓮の概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 7寸の骨壺の場合は2霊まで骨壺、7寸の骨壷が3個以上ある場合は供養袋(骨袋)に入れます。遺骨を入れた骨壷もしくは、骨袋を遺骨収蔵厨子に入れて安置します。
遺骨の安置場所 屋内
安置期間 継承者が続く限り期限なし
安置期間経過後 継承者が途絶えた場合は、應慶寺の地下にある合祀所(合祀墓)へ移動して遺骨を合祀し應慶寺が永来に渡り供養をします。
遺骨の供養方法 春・秋彼岸とお盆に合同法要
継承者の有無 必要。しかし、継承者がいなくなった場合は應慶寺 目黒御廟に相談をすることで、継承者が不要の永代供養に切り替えることができる。
遺骨の最大収容人数 7寸の骨壺の場合は2霊/骨袋の場合は8霊※入り切らない遺骨は合祀所(合祀墓)に移すことができる。
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬

【備考】

應慶寺 目黒御廟の参拝ブースは、地下1階に10カ所、1階と2階に14カ所ずつの合計38カ所あります。そのため、混雑が予想される彼岸やお盆の日でもゆっくり参拝をすることができます。

ほかにも、地下1階の睡蓮、1階の檸、2階の鳳凰はペットと一緒に遺骨を納めることができます。ペットの遺骨を納骨する場合は、納骨手数料のみで納骨をすることができます。

また、参拝ブースにある故人の写真や戒名・法名が表示されるモニターには、ペットの写真も表示することができます。

應慶寺 目黒本廟に納骨する際の注意点として、遺骨収蔵厨子に遺骨を納めている場合は後から遺骨を取り出すことができますが、合祀墓に移動した遺骨は後から取り出すことができません。

また万が一、年間護持会費の支払いが滞った場合は、應慶寺の地下にある合祀墓へ移動して永代に渡って供養をおこなっています。しかし、護持会費のお支払いが滞りそうな場合は、必ず應慶寺 目黒御廟にご相談をしてください。

應慶寺 目黒御廟 光の華 スタンダードプラン欅・楓

スタンダードプラン欅・楓は、1階の参拝ブースで参拝をすることができるプランです。1階の受け付けからスムーズに移動をして参拝をすることができるため、人気のプランです。

また、1階は窓から自然に光が差し込むように設計されています。部屋の中は白い木材や石材が使用されていて、各参拝ブースを区切るガラスのパーテーションには檸と楓が絵が描かれ暖かい雰囲気を感じることができます。

應慶寺 目黒御廟 光の華 スタンダードプラン欅・楓の費用
費用 1,090,000円
管理費(年間護持会費) 15,000円

※費用には、永代使用料、永代供養料、法名・戒名授与費、銘板・彫刻費、遺骨収蔵厨子費が含まれています。すでに法名・戒名がある場合は、変えるか変えないかを選択することができます。

※應慶寺 目黒御廟をお申し込みした初年度の護持会費は、購入した翌月から3月までの月数を数えて15,000円から数えた月を割った護持会費をを支払う必要があります。例)9月に購入した場合:10月から翌年の3月分の護持会費として7,500円

※4月以降から年間護持会費として15,000円を支払う必要があります。

費用の支払い方法
支払い方法 現金振り込み/ローン※クレジットカード払い不可
分割払いの対応 ×

※應慶寺 目黒御廟に永代供養をお申し込みした場合、費用はなるべく早めにお支払いください。

※ローンで費用を支払う場合は1度、應慶寺 目黒本廟に見学をした際に相談をする必要があります。

應慶寺 目黒御廟 光の華 スタンダードプラン欅・楓の概要

空き状況 ■檸:〇
■楓:〇
安置方法 檸・楓ともに個別
遺骨の埋葬方法 7寸の骨壺の場合は2霊まで骨壺、7寸の骨壷が3個以上ある場合は供養袋(骨袋)に入れます。遺骨を入れた骨壷もしくは、骨袋を遺骨収蔵厨子に入れて安置します。
遺骨の安置場所 檸・楓ともに屋内
安置期間 檸・楓ともに継承者が続く限り期限なし
安置期間経過後 檸・楓ともに継承者が途絶えた場合は、應慶寺の地下にある合祀所(合祀墓)へ移動して遺骨を合祀し應慶寺が永来に渡り供養をします。
遺骨の供養方法 檸・楓ともに春・秋彼岸とお盆に合同法要
継承者の有無 檸・楓ともに必要。しかし、継承者がいなくなった場合は應慶寺 目黒御廟に相談をすることで、継承者が不要の永代供養に切り替えることができる。
遺骨の最大収容人数 檸・楓ともに7寸の骨壺の場合は2霊/骨袋の場合は8霊※入り切らない遺骨は合祀所(合祀墓)に移すことができる。
お墓の耐震性 ■檸:〇
■楓:〇
区画面積
ペットと埋葬 ■檸:〇
■楓:×

【備考】

應慶寺 目黒御廟の参拝ブースは、地下1階に10カ所、1階と2階に14カ所ずつの合計38カ所あります。そのため、混雑が予想される彼岸やお盆の日でもゆっくり参拝をすることができます。

ほかにも、地下1階の睡蓮、1階の檸、2階の鳳凰はペットと一緒に遺骨を納めることができます。ペットの遺骨を納骨する場合は、納骨手数料のみで納骨をすることができます。

また、参拝ブースにある故人の写真や戒名・法名が表示されるモニターには、ペットの写真も表示することができます。

應慶寺 目黒本廟に納骨する際の注意点として、遺骨収蔵厨子に遺骨を納めている場合は後から遺骨を取り出すことができますが、合祀墓に移動した遺骨は後から取り出すことができません。

また万が一、年間護持会費の支払いが滞った場合は、應慶寺の地下にある合祀墓へ移動して永代に渡って供養をおこなっています。しかし、護持会費のお支払いが滞りそうな場合は、必ず應慶寺 目黒御廟にご相談をしてください。

應慶寺 目黒御廟 光の華 ラグジュアリープラン鳳凰・孔雀

ラグジュアリープラン鳳凰・孔雀は、2階の参拝ブースで参拝をすることができるプランです。

ラグジュアリープランをお申し込みすることで2階にあるコンシェルジュが常駐するラウンジを使用することができるため人気のプランとなっています。

明るい色の石材が使用された内装と、各所に鳳凰と孔雀をモチーフにしたデザインが施されていて高級感あふれる雰囲気となっています。

應慶寺 目黒御廟 光の華 ラグジュアリープラン鳳凰・孔雀の費用
費用 1,400,000円
管理費(年間護持会費) 15,000円

※費用には、永代使用料、永代供養料、法名・戒名授与費、銘板・彫刻費、遺骨収蔵厨子費が含まれています。すでに法名・戒名がある場合は、変えるか変えないかを選択することができます。

※應慶寺 目黒御廟をお申し込みした初年度の護持会費は、購入した翌月から3月までの月数を数えて15,000円から数えた月を割った護持会費をを支払う必要があります。例)9月に購入した場合:10月から翌年の3月分の護持会費として7,500円

※4月以降から年間護持会費として15,000円を支払う必要があります。

費用の支払い方法
支払い方法 現金振り込み/ローン※クレジットカード払い不可
分割払いの対応 ×

※應慶寺 目黒御廟に永代供養をお申し込みした場合、費用はなるべく早めにお支払いください。

※ローンで費用を支払う場合は1度、應慶寺 目黒本廟に見学をした際に相談をする必要があります。

應慶寺 目黒御廟 光の華 ラグジュアリープラン鳳凰・孔雀の概要

空き状況 ■鳳凰:〇
■孔雀:〇
安置方法 鳳凰・孔雀ともに個別
遺骨の埋葬方法 鳳凰・孔雀ともに7寸の骨壺の場合は2霊まで骨壺、7寸の骨壷が3個以上ある場合は供養袋(骨袋)に入れます。遺骨を入れた骨壷もしくは、骨袋を遺骨収蔵厨子に入れて安置します。
遺骨の安置場所 鳳凰・孔雀ともに屋内
安置期間 鳳凰・孔雀ともに継承者が続く限り期限なし
安置期間経過後 鳳凰・孔雀ともに継承者が途絶えた場合は、應慶寺の地下にある合祀所(合祀墓)へ移動して遺骨を合祀し應慶寺が永来に渡り供養をします。
遺骨の供養方法 鳳凰・孔雀ともに春・秋彼岸とお盆に合同法要
継承者の有無 鳳凰・孔雀ともに必要。しかし、継承者がいなくなった場合は應慶寺 目黒御廟に相談をすることで、継承者が不要の永代供養に切り替えることができる。
遺骨の最大収容人数 鳳凰・孔雀ともに7寸の骨壺の場合は2霊/骨袋の場合は8霊※入り切らない遺骨は合祀所(合祀墓)に移すことができる。
お墓の耐震性 ■鳳凰:〇
■孔雀:〇
区画面積
ペットと埋葬 ■鳳凰:〇■孔雀:×

【備考】

應慶寺 目黒御廟の参拝ブースは、地下1階に10カ所、1階と2階に14カ所ずつの合計38カ所あります。そのため、混雑が予想される彼岸やお盆の日でもゆっくり参拝をすることができます。

ほかにも、地下1階の睡蓮、1階の檸、2階の鳳凰はペットと一緒に遺骨を納めることができます。ペットの遺骨を納骨する場合は、納骨手数料のみで納骨をすることができます。

また、参拝ブースにある故人の写真や戒名・法名が表示されるモニターには、ペットの写真も表示することができます。

應慶寺 目黒本廟に納骨する際の注意点として、遺骨収蔵厨子に遺骨を納めている場合は後から遺骨を取り出すことができますが、合祀墓に移動した遺骨は後から取り出すことができません。

また万が一、年間護持会費の支払いが滞った場合は、應慶寺の地下にある合祀墓へ移動して永代に渡って供養をおこなっています。しかし、護持会費のお支払いが滞りそうな場合は、必ず應慶寺 目黒御廟にご相談をしてください。

應慶寺 目黒御廟の永代供養の見学予約

應慶寺 目黒御廟に見学をする際は、スタッフの方が直接ご案内をいたしますので、分からないことや気になることがあればすぐにお聞きすることができます。

見学は平日・土日祝日とも10:00~18:00まで見学をすることができます。また、参拝者の混雑状況によって当日の見学が難しい場合や月に1回、休館日を設けているため事前に見学予約をする必要があります。

そのため、應慶寺 目黒御廟に見学予約をご希望の場合は、ハカシルにお電話もしくはメールフォームでご連絡ください。見学予約についてご案内します。

見学後、別の寺院(霊園)をご希望される場合は、ご希望に沿う寺院(霊園)をご案内します。

見学をおこなっている曜日 いつでも可能
見学ができる時間帯 10:00~18:00(※見学受け付け時間は17:00まで)

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

應慶寺 目黒御廟の永代供養に納骨するまでの流れ

1.見学予約をする

ハカシルの電話または、メールフォームから見学予定日をご連絡ください。

2.見学にいく

應慶寺 目黒御廟へ見学にいきます。質問がありましたら見学の際にスタッフの方へお聞きください。

3.契約をする

実際に見学をして、墓地の雰囲気が気に入りましたら契約をします。

契約に必要な書類などは、應慶寺の専用の【申し込み書】、【護持会費銀行引落依頼書】、【住民票】、【印鑑】です。

また契約をする際に、お墓の顔となる銘板の石種や書体、納骨する日をなどを決めます。

契約後に費用をお支払いします。費用を支払い後に應慶寺 目黒御廟から郵送で【参拝カード】と【永代使用許可証】が自宅に届きます。

参拝カードと永代使用許可証は無くさないように大切に保管してください。

4.納骨式に参列する

納骨する日に應慶寺 目黒御廟に行き、納骨式に参列して終了となります。

應慶寺 目黒御廟の設備情報

應慶寺 目黒御廟の景色・外観と設備情報

應慶寺 目黒御廟はJR山手線の目黒駅から徒歩3分の場所にありますが、都心の喧騒を忘れるほどの閑静で緑豊かな場所にあります。

外観はマンションのような見た目で、中に入ると受け付けからエントランスまで木材とアイボリーの壁面が施されていて明るい空間となっています。

應慶寺 目黒御廟の開門・閉門時間 10:00~18:00
應慶寺 目黒御廟の参拝・拝観ができる時間 10:00~18:00

應慶寺 目黒御廟では現在、感染症対策のため定期的な空気の入れ替え、消毒液の設置、電話での相談受け付け、見学・法要ごとに使用した備品をアルコール消毒、スタッフに関しては検温、手洗い、うがい、マスクの着用を徹底して感染症対策をおこなっています。

また、見学や参拝に来られる方に向けてもマスクの着用と手指の消毒をお願いしています。

そのため、應慶寺 目黒御廟へ行かれる際は、感染症対策の指示に従い参拝や見学をおこなってください。

應慶寺 目黒御廟の設備

トイレ 喫煙所 休憩スペース 会食施設 法要施設
水場 売店 車いすの用意 障がい者用トイレ 車いすでの参拝
ごみの処分箱 管理人駐在 防犯カメラ・見回り 駐車場 バリアフリー

應慶寺 目黒御廟はバリアフリー設計となっているため、小さい子供、お年寄りの方、車いすをご利用の方でも安心して参拝や拝観をすることができます。

また、應慶寺 目黒御廟には催事をおこなう方のみが利用できる、無料の駐車場があります。

そのため、見学や参拝の方は駐車場を利用することができないため、應慶寺 目黒御廟付近にある有料の駐車場を利用する必要があります。

應慶寺 目黒御廟の供養のルール

應慶寺 目黒御廟の参拝ブースにはお花や焼香、蝋燭のレプリカが用意されています。そのため、参拝をする際はお花や線香を用意する必要はありません。参拝カード1枚のみで参拝をすることができます。

また、参拝をする際の注意点として應慶寺 目黒御廟はペットの同伴での参拝を禁止しています。

應慶寺 目黒御廟の参拝の流れ

受け付け機に参拝カードをかざす

1階と2階に受け付け機があります。ベーシックプランとスタンダードプランは1階の受け付け機、ラグジュアリープランは2階の受け付け機で参拝カードをかざし、参拝ブースの空き状況を確認して【受け付け票】を発行します。

また、受け付け機ではベーシック、スタンダード、ラグジュアリープランともに参拝ブースに飾られている花が和花・洋花を選択することができます。

ほかにも、受け付け機で【生前情報】を選択することで、各参拝ブースに設置されている小さいモニターに故人の写真や法名・戒名、生前の名前を表示することができます。

参拝ブースのカードホルダーに参拝カードを挿入

指定した参拝フロアに移動して、案内モニターに自分の受け付け番号が表示されたあとに参拝ブースへ移動します。

参拝ブースのカードホルダーに参拝カードを挿入することで、参拝ブースの中央の壁にある参拝扉が開き、遺骨収蔵厨子が現れます。

参拝が終わったあと、カードを取り出しして終わりとなります。

應慶寺 目黒御廟の最寄り駅・駐車場とアクセス方法

應慶寺 目黒御廟の周辺地図

電車でのアクセス方法

【目黒駅からお越しの方】
JR山手線の東口から徒歩3分
東急目黒線・都営三田線・東急メトロ南北線の正面口・西口から徒歩3分

【東京駅からお越しの方】
JR山手線外回り品川・渋谷方面に乗車して【目黒駅】で下車。目黒駅の東口から徒歩3分

バスでのアクセス方法

【都営バス東98・東急・東急トランセバス東98からお越しの方】
【目黒駅前】バス停で下車したあと徒歩2分

自動車でのアクセス方法

【中環大井南IC 都道418号経由からお越しの方】
車で22分

應慶寺 目黒御廟の年間行事と歴史

應慶寺 目黒御廟の年間行事

應慶寺の本院は東京都渋谷区にあります。應慶寺が創建されたのは、昭和27年(1952年)と伝えられています。

また、平成12年(2000年)に再建をしているため、外観・内装ともに新しく近代的な雰囲気を感じられる寺院となっています。

平成30年(2018年)1月21日には、東京都目黒区に大型の自動搬送式納骨堂として、應慶寺 目黒御廟を建立しています。

應慶寺 目黒御廟の歴史

應慶寺では毎年、春・秋彼岸法要、盂蘭盆会法要をおこなっています。ほかにも不定期で葬儀に関するセミナーや改葬や墓じまいに関するセミナーをおこなっています。

法要に参加をする場合は小布施代として5,000円~、セミナーは無料で参加をすることができます。

法要やセミナーに関するお知らせは、應慶寺 目黒御廟の公式サイトにある「今後のお知らせ」ページからご確認ください。

應慶寺 目黒御廟でよくある質問

應慶寺 目黒御廟の永代供養墓の費用を教えてください

應慶寺 目黒御廟には大型の自動搬送式納骨堂があり、費用が860,000円~1,400,000円です。遺骨が搬送されてくる参拝ブースが地下1階から2階まであり、参拝ブースの階数によって費用が異なります。くわしくはこちら

應慶寺 目黒御廟に見学予約をする方法を教えてください

ハカシルの電話(0120-061-029)または、ホームページのメールフォームから見学希望寺院と見学希望予定日と時間をご連絡ください。 見学希望予定日と時間につきましては、應慶寺 目黒御廟の見学受け付け時間(10:00~17:00)の範囲のなかでお選びください。くわしくはこちら

應慶寺 目黒御廟の永代供養の口コミ・評判

應慶寺 目黒御廟

0.00
0

交通の利便性

0.0/10

寺院の雰囲気

0.0/10

お墓の管理状況

0.0/10

寺院の設備状況

0.0/10

寺院の周辺環境

0.0/10

口コミの入力はこちら

永代供養を探す

北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城
秋田 山形 福島
関東 東京 埼玉 神奈川 千葉
茨城 栃木 群馬
信越
北陸
新潟 富山 石川 福井
中部
東海
愛知 山梨 長野 三重
岐阜 静岡
近畿 大阪 兵庫 京都 奈良
滋賀 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島
山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州
沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ご相談は何度でも無料