お問い合わせ

東京都の納骨堂で費用が安い寺院・霊園を失敗なく選ぶ方法

東京都の納骨堂

費用を抑えられる「合祀」と「個別安置」
合祀(=合葬)は、他の方の遺骨と一緒に埋葬されて納骨後に遺骨を取り出せないが、その分費用が抑えられて全国的に10万円前後が多い。一方、個別安置は一定期間は他の方の遺骨と一緒にされず個別に安置される。合祀よりも費用が高くなる傾向で、一定期間の個別安置が終わると合祀されることがほとんど。

東京都の安い納骨堂をご案内

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

東京都にある合祀の納骨堂

合祀タイプの納骨堂は10万円前後が相場で、東京都にも合祀墓型の納骨堂がいくつかあります。

寺院名 エリア 費用
東京徳純院とうきょうとくじゅいん 港区 3.5万円
天妙国寺てんみょうこくじ 品川区 5万円

合祀の納骨堂の資料を無料請求

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

東京都にある個別安置の納骨堂

納骨後すぐに他の方の遺骨と一緒に埋葬されることに抵抗があるという方や、一定期間は個別で供養したいという方には、遺骨を個別に安置する期間が設けられている個別安置タイプの永代供養墓がおすすめです。

寺院名 エリア 費用
東京徳純院とうきょうとくじゅいん 港区 7.5万円+年間管理費5,000円
成照院じょうしょういん 目黒区 15万円
臨川寺りんせんじ 江東区 60万円+年間管理費5,000円

個別安置の納骨堂の資料を無料請求

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

東京都にある納骨堂(市区町村別)

納骨堂を選ぶ際は、納骨の際に遺骨を運ぶことや納骨後にお参りすることを考えて、自宅からの近さで選ぶ方も多いため、市区町村別に東京都の納骨堂を紹介します。

また、納骨堂の遺骨のおもな安置方法として、合祀と個別があり特徴が異なります。そのためどこにある納骨堂かをご確認いただくほか遺骨の安置方法についてもご確認ください。

港区の寺院 安置方法 費用
東京徳純院とうきょうとくじゅいん 合祀 3.5万円
個別 7.5万円~150万円+年間管理費5,000円~1万円
迦楼塔かろうと東京 個別 38万円~120万円+年間管理費1.5万円
伝燈院でんとういん 赤坂浄苑あかさかじょうえん 個別 150万円+年間管理費1.8万円
目黒区の寺院 安置方法 費用
妙経寺みょうきょうじ 個別 15万円
應慶寺 目黒御廟おうけいじ めぐろごびょう 個別 86万円~140万円+年間管理費1.5万円

市区町村別で納骨堂を無料で探す

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

品川区の寺院 安置方法 費用
天妙国寺てんみょうこうくじ 個別 20万円~400万円
新宿区の寺院 安置方法 費用
真清浄寺しんしょうじょうじ 個別 30万円~65万円+年間管理費6.000円~1.2万円
新宿瑠璃光院るりこういん 個別 50万円~500万円+年間管理費0円~5.5万円
台東区の寺院 安置方法 費用
眞敬寺 蔵前陵苑しんきょうじ くらまえりょうえん 個別 85万円
東本願寺 浅草浄苑 個別 72万円~190万円+年間管理費0円~1.2万円

東京都の納骨堂の特徴

東京都の納骨堂の費用相場

納骨堂でかかる費用は1人あたり100万円程度といわれます。合祀か個別安置かによっても費用が異なるほか個別安置の場合は年間管理費用など、別途費用がかかることもあるため、費用については契約時に詳しく確認する必要があります。

東京都の納骨堂の費用は3.5万円~500万円程度で、納骨堂がある寺院・霊園は多い傾向です。

東京都のおもな納骨堂の紹介

港区にある徳純院の納骨堂は田町駅から徒歩9分とアクセスの良い場所にあります。ビルが立ち並ぶ港区にありながらも、徳純院の施設内は都会の喧騒も忘れるほど静かで落ち着きのある寺院です。また、費用3.5万円から徳純院の合祀型の納骨堂にお申込みすることができます。また、遺骨をすぐに合祀せずに一定期間、個別で安置を希望する場合は純徳院の納骨位牌であれば費用7.5万円と年間管理費5,000円でお申込みすることができます。遺骨の一部を位牌に入れて位牌棚に安置して、入りきらない遺骨は合祀墓に納骨をします。納骨位牌のメリットとして、年間管理費は安いことのほかにご自身で安置期間を取りやめることができることです。安置期間を取りやめた場合でも、徳純院が遺骨を合祀墓に移して永代供養がおこなわれるため人気のプランとなっています。

新宿区にある真清浄寺の納骨堂には、費用65万円と年間管理費1.2万円でお申込みできる仏壇式の納骨堂と、費用30万円と年間管理費5,000円からお申込みできるロッカー式の納骨堂があります。どちらも費用には香炉、花立、蝋燭台などの仏具が含まれているため、ご自身で用意する必要はありません。また、ロッカー式の納骨堂は遺骨を収蔵のみだけでなく位牌も安置することもできます。献花台や香炉、お線香、供物台も用意されているため遺骨の近くで参拝することもできます。

渋谷区にある新宿瑠璃光院は新宿駅から徒歩3分とアクセスの良い場所にあります。新宿瑠璃光院にはマンション型の自動搬送式納骨堂、年間管理費が不要の永代供養墓、お墓を代々継承することができるプランがあって費用が50万円~500万円と価格幅があります。費用が500万円のお墓は自動搬送式の納骨堂です。参拝室が完全個室となっているほかに、職人がコテを使わずに手のひらで塗った大津磨きの芸術的な壁などがあるため、一般の納骨堂よりも費用が高くなっています。

納骨堂の種類と一般墓との違い

納骨堂の種類

納骨堂は主に4種類の納骨方法があります。

ロッカーのように1区画ごと仕切られた場所に納骨をする「ロッカー式」と、上段が仏壇と下段が納骨スペースになっている「仏壇型」、参拝カードをかざすことで厨子に納められた遺骨が参拝スペースに運ばれてくる「自動搬送式」や、遺骨をすぐに室内にある合祀墓に合祀する「合祀型」があります。

ロッカー式で参拝をする場合は、納骨堂の管理者に頼んでロッカーからご遺骨を出してもらい、故人に手を合わせるのが一般的です。またロッカー式は骨壺ではなく、位牌を納めることができる寺院・霊園もあります。

仏壇式で参拝する場合は、上段にある仏壇の扉をご自身で開けて参拝をします。また、基本的に下段に納骨されている遺骨の扉は開けることができないように鍵がついている場合が多く、遺骨と対面して参拝したい方は納骨堂の管理者に頼み鍵を外してもらう必要があります。

自動搬送式は、遺骨が納められた厨子と対面して参拝をすることができます。また、参拝専用スペースは複数あってほかの参拝者の顔が見えないように仕切りや個室である場合がほとんどです。そのため、ほかの参拝者を気にせずに参拝をすることができます。

納骨堂と一般的なお墓の違い

納骨堂と一般的なお墓で大きく違うのは、納骨する場所が屋内・屋外かの違いですが、費用にも違いがあります。

納骨堂の費用相場は5万円~80万円程度となっていますが、一般的な墓石のお墓は土地代と墓石代(工事費含む)で、120万~300万程度といわれています。さらに年間管理費が5,000円~2万円程度かかります。

納骨堂にも年間管理費がかかるタイプはありますが、それでも初期費用では一般のお墓と比較すると費用を抑えることができるといえます。

納骨堂の手続きの流れ

1.納骨堂の情報収集と見学
費用やアクセスの良さなど、ご自身にあった条件に当てはまる寺院・霊園の納骨堂をみて、複数候補を選び見学に行きます。

2.納骨堂の決定
実際に見学に行ったあと、納骨堂の設備や雰囲気を見て気にいった納骨堂を選びます。また、見学した先の納骨堂について質問があれば寺院・霊園の住職かスタッフの方に質問してください。

3.契約
見学をして気に入ったら納骨堂があれば、契約をします。

また、今あるお墓を墓じまいをして納骨堂に改装する場合は、現在のお墓の管理者に改葬の相談と手続きが必要になります。

場合によっては、墓じまいの際に改葬先の管理者に発行してもらう受入証明書が必要になるケースもあり、その場合は墓じまいをする前に改葬先の霊園と契約するひつようがあるため、手続きの手順については現在のお墓の管理者にご確認ください。

東京都にある納骨堂の資料を無料請求

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

永代供養を探す

北海道・東北

関東

信越・北陸

中部・東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄